赤ちゃんが脱水症!?冬場も注意したい脱水症状の見分け方や対応法とは?

赤ちゃんは大人に比べて体温が高いうえに体温調節機能が未発達なので、脱水症状を引き起こしやすいと言われています。

特に言葉のしゃべれない赤ちゃんは、「暑いよ」「寒いよ」と意思表示もできないので、ママがしっかりとケアをしてあげなければなりませんね。

そこで今回は、赤ちゃんの脱水症状の見分け方についてご紹介します。

夏場だけでなく、冬も気を付けたい脱水症状。しっかりと赤ちゃんの状態を見極めて、悪化しないようにこまめに水分補給をしましょうね。

スポンサーリンク

赤ちゃんの脱水症状 見分け方は?

脱水症状とは、単に体の水分が不足している状態ではありません。汗をかいたりおしっこをすることで、水分だけでなく「電解質(イオン)」までもが排出されてしまう状態のことです。

電解質が不足すると、細胞の働きが弱まってしまい、その結果体の様々な器官に影響を及ぼしてしまいます。

自分で訴えることのできない小さな赤ちゃんの脱水症状は、特に気をつけましょう。初期段階で発見すれば、重症化する前に食い止められますよ。

【初期の脱水症状の見分け方】

  • おしっこの回数が少ない
  • 便秘気味
  • うんちが固い
  • 顔が赤くて熱っぽい
  • いつもより不機嫌
  • 唇や肌が乾燥している

【重度の脱水症状の見分け方】

  • 汗が出ない
  • うんちやおしっこが出ない
  • 高熱が出る
  • 肌がガサガサになる
  • ぼーっとしたりぐったりしている
  • 顔が青白い
  • 痙攣が起きている

また、乳幼児の場合、頭蓋骨のつなぎ目である『大泉門(だいせんもん)』が、脱水症状が進むとへこむことがあると言われています。

これは、すでに中度の脱水症が進んでいるものなので、もし見つけた場合は、早めに病院へ行きましょう。

ただし、小さな赤ちゃんの頭部は、非常にデリケートですので、確認する際に強く押すのは危険ですので、注意してくださいね。

脱水症状を発見した時の対応策は?

注意をしていたつもりでも、風邪で熱が出ていた場合などは脱水症になりやすいものです。もし、脱水症かな?と思った時は、出来るだけ早く処置をしてあげてください。

ここでは家庭で出来る応急処置の方法をご紹介します。中度~重度の脱水症状の場合は、必ず病院を受診してくださいね。

軽度の脱水症状の場合

子供の意識がはっきりとしていて、痙攣などもない場合は、まず水分補給をしましょう。赤ちゃんであれば、母乳やミルクをこまめにあげるようにしてください。

離乳食が進んでいるお子さんの場合は、麦茶や白湯を与えましょう。

赤ちゃん用の薄いポカリスエットなども効果的です。一度にたくさん与えると、むせて吐いてしまうこともあるので、少量ずつこまめに与えてください。

また、赤ちゃんの顔が赤くなっているようなら、熱がこもって暑い証拠。1枚脱がせてあげるなど、少し薄着をさせ、様子を見て下さい。

首やわきの下は、太い血管が通っているので、保冷剤などをハンカチで巻いて冷やしてあげると、体温が下がりやすくなります。夏だけでなく、暖房のきいた冬の室内も脱水症状に陥りやすいので、室温の管理をしっかり行うようにしてください。

水分をしっかりと補給できるようであれば、少し自宅で様子を見ましょう。体調が回復するまでは、なるべく安静にしていましょう。

動き回る子供の場合、安静に…というのは難しいですが、出来る限り外出を避け、室内で絵本を読んだりお絵かきをしたり、静かな遊びをするといいですね。

【重度の脱水症状の場合】

意識がしっかりしておらず、ぼーっとしていたり、ぐったりとしている場合は、急いでかかりつけの小児科を受診してください。

意識がもうろうとしている状態で無理に水分補給を試みても、嫌がって泣いてしまったり、喉につまって窒息する危険もあります。

いつもはストローマグでお茶を飲ませている子でも、意識があいまいな子には、スプーンで少量ずつ飲ませてあげると良いです。

脱水症が進行してしまうと、痙攣が起こったり、チアノーゼと言って唇や顔色が真っ青になってしまいます。これは血中の酸素濃度が低下している証拠。

この状態は大変危険ですので、早急に病院へ行きましょう。夜中であれば、夜間救急も受けられます。

手遅れにならないように早めの行動を心がけてください。

こんな状況が脱水症状になりやすい!

赤ちゃんは大人にくらべ、体内の水分量がとても多く、新陳代謝も良いため、水分量の変化も非常に激しいといわれています。

脱水症を悪化させないためにも、普段から子供の状況をきちんと把握することが大切ですね。

では、どんな状況が脱水症を引き起こしてしまうのでしょうか?下記に例をいくつか挙げてみます。

厚着させすぎ

冬場など、寒い時期は風邪を引かないようにと赤ちゃんにも厚着をさせますよね。しかし、体温調節が上手に行えない赤ちゃんは、外の気温と室内の気温の寒暖差についていけません。

特に暖房のきいた室内は、厚着をしていると熱がこもってしまい、知らぬ間に脱水症を引き起こしてしまいます。

赤ちゃんの服装は、重ね着が基本です。冬場でも肌着の上に長袖のTシャツ、その上にカーディガンやパーカーなど脱ぎ着がしやすい服装をすることが大切です。

暑そうにほっぺを赤らめている様なら1枚ずつ脱がしていき、様子をみるようにするといいですよ。

また、自宅にいる時も寒いからと言って靴下を履かせるのはNG。滑りやすいだけでなく、靴下を履くと余計に熱がこもってしまうので、自宅にいる時は素足で熱を発散できるようにしましょう。

大人よりも薄着くらいがちょうどいいですよ。

部屋の室温が高すぎる

赤ちゃんにとって適した温度は、冬の場合は、18~22℃、夏の場合は25~28℃くらいと言われています。

因みに湿度は、40~60%と言われていますので、赤ちゃんが過ごす部屋には温度計を設置するなどして、快適な温度をキープするようにしましょう。

意外と、冬場の方が脱水症に陥りやすいので、十分注意が必要です。

風邪などで熱がある

赤ちゃんは免疫力が低いので、発熱することがよくあります。そんなときは、脱水症に陥りやすいので、こまめに水分補給させることが大切です。

体調が悪く、食事が思うように摂れないときでも、水分だけしっかり補給しておけば問題ないので、熱が高いときは無理に食べさせるよりは、水分を摂らせてあげた方が良いでしょう。

熱が出ている時も、麦茶やポカリスエットなどを薄めたものや、アイスクリームなどを少し食べさせると、子供も冷たくて気持ちいいと思います。

他にも、野菜を煮込んだスープやすったリンゴの汁などを飲ませてあげるのもおすすめです。

布団のかけすぎ

よくあるのが、寝る時の布団のかけすぎ。寝ている時に、赤ちゃんの顔が真っ赤になっていたり、体が熱くて汗をかいているようなら、布団をかけすぎている場合があります。

厚手のパジャマを着せた上に、さらに分厚い布団をかけたのでは、赤ちゃんの体温も急上昇。熱中症のように熱がこもってしまいます。

冬場でも、薄手の布団を重ねてあげたり、室温を上手に調整して、脱水症を予防するようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?

私の子供も、熱がこもりやすいようで、暖房のきいた室内では顔が真っ赤になっていることがあります。

特に外出先のショッピングモールは暖房がきいているので、外出する際は、出来るだけ薄手のものを重ね着するように心がけています。

また、外出する際は、必ず水筒を携帯し、まめに水分補給するように心がけています。

2歳になった娘でも、自分からあまり「喉乾いた」とまでは言わないので、こちらがきちんと管理しなければいけませんね。

常に子供の様子を確認し、意識して水分補給をさせることを心がけていれば、脱水症の悪化は防げるはずです。

是非、みなさんもお子さんにとって『暑すぎず、寒すぎない』快適な温度を保つように気を付けて下さいね。

スポンサーリンク