エイプリルフールのルールブック日本版(笑)嘘ネタには細心の注意を!

毎年4月1日になると、何故かみんなソワソワしますよね。そう、皆さんご存知の「エイプリールフール」だからです。

嘘をついても良い日とされていますが、皆さんはどんな嘘をついたことがありますか?今回は、そんなエイプリールフールにまつわる、由来やルールを細かくご紹介していきます。

笑えるエピソードから、笑えないエピソードまで様々なネタも併せてご紹介します。皆さん、エイプリルフールは、誰も傷つけないハッピーな嘘をつきましょうね。

スポンサーリンク

エイプリルフールのルール?日本と世界の違いと由来は?

エイプリルフールにはルールがあるってご存知でしたか?国や地域によっても多少異なるようですが、一体、どんなルールがあるのでしょうか。

【日本で知られているルール】

1. 午前中なら嘘をついても良い・午後には必ずネタばらしをしなければならない

2. 相手が傷つかない嘘や、違法にならない嘘をつかなければならない

3. ネット上などで嘘をつく場合は、自分の投稿や発言で、周りから非難を受けてもやり返したり、他人の投稿を荒らしたりしない

最近は、ネットの普及により、SNSを通じて大々的に嘘をつく人が急増していますよね。それに伴い、大きなトラブルの元となってしまう為、世界中にデマを流すような行為などは原則禁止されています。

『嘘をついて良い日』といえども、「〇〇さんが死んだ」とか「今日〇時に大地震が起こる」などといった、周りを不快な気持ちにさせる行為は、してはいけないということですね。

【世界で知られているルール】

1. イギリスやその統治下にあった国では「嘘をついていいのは午前中だけ」というルールがある!

上記のルールは、実はイギリスが発祥だと言われています。この『午前中ルール』は、イギリスの習わしである「オークアップルデー」に由来するという説があります。

このオークアップルデーとは、1660年にチャールズ2世によって、王政が復活したことを祝う記念日で、5月29日がその記念日とされています。

オーク(樫)の実や葉っぱを身に付け、国王への忠誠心を誓うという習わしなのですが、オークアップルデーに、オークの葉を付けていない人は、周りから責め立てられてしまったんだそうです。

しかし、それは午前中だけのことで、午後は特に何もつけていなくても、責められるようなことはなかったんだと言います。

そんな流れから、エイプリルフールは、午前中にだけ嘘をつき、午後にはそのネタばらしをするようなルールが設けられたんだと言われています。

日本でも、その影響を受けて『午前ルール』が浸透しつつありますよね。日本の場合は、オークアップルデーの影響というよりも、『誰かのいたずら発言』からSNS上で拡散されていき、徐々に浸透してしまったようです。

SNSの影響って恐ろしいですね(笑)

2. アメリカなどでは1日嘘をついてもOK!夜中でもOK!

アメリカらしいルールというか…(笑)もはやアメリカ人は、いたずらとかドッキリ的なものは大好物ですから、昼夜問わず、夜中であっても、相手が油断している時を狙って嘘をついたりするんだそうです。

国民性もあるでしょうね。日本でそんなことしたら、「アメリカンジョーク」では済まされませんよね(笑)

【エイプリルフールの由来とは?】

そもそも、エイプリルフールとは、どこからやってきた風習なのでしょうか?その由来には諸説ありますので簡単にご説明します。

由来①:インド仏教徒の修行が起源

インドの仏教徒は、春分の日から1週間、悟りの修行を行うんだそうです。この修業が終わる4月1日になると、これまでの厳しい修業が嘘のように俗人に戻ってしまうという笑い話から、修行が明けた4月1日を『揶揄節(やゆせつ)』と呼び、他人をからかう風習として定着したと言われています。

由来②:古代ローマのさかさま祭りが起源

古代ローマでは、4月1日に「さかさま祭り」というのが行われていました。これは、主人・奴隷関係にある人たちを、この日だけは立場を逆転して、無礼講で楽しみましょうという趣旨のお祭りで、普段道化師をしている人でも、聖職者になりきることが出来るという特別な非だったそうです。そのことから、「さかさまのこと=嘘を言っても良い日」と変化し、エイプリルフールとなったと言われています。

由来③:ノアの箱舟が起源

大洪水から逃れるために作られたという「ノアの箱舟」のお話は、皆さんもご存じですよね?ノアが、陸地を見つけるために鳩を放つも、何も手がかりが得られないまま、鳩がもとに戻ってきてしまった日が、4月1日でした。このように、ノアが行った無駄な行動が、嘘をつくことに変化してエイプリルフールに至ったと言われています。

由来④:16世紀のフランスで行われた『嘘の新年』が起源

フランでは、16世紀ごろまで、新年を3月25日に迎え、4月1日までに新年をお祝いするお祭りをしていました。

しかし、1564年、シャルル9世が採用した「グレゴリオ暦」というものにのっとり、”新年を1月1日にする”と定めたところ、民衆が反発し、4月1日を『嘘の新年』と騒ぎ立てたことが、エイプリルフールの始まりだともいわれています。

世界では、このようにエイプリルフールのネタは尽きないのですが、日本で今のようなエイプリルフールが広まったのは大正時代と言われています。

日本人の国民性からなのか、いたずらをしたり、嘘をつくような行為はあまり良くないという認識の人が多く、欧米のようには盛り上がってはいなかったようです。

しかし、最近では、ネットやSNSなどの普及も手伝って、若い方から企業レベルに至るまで、大々的に盛り上がりを見せていますよね。気軽な気持ちで楽しもうという感じが大切なのかもしれません。

因みに、『エイプリルフールでついた嘘は、1年間現実にならない』というジンクスも噂されています。調子にのって、現実味のある中途半端な嘘をつくことは、相手に誤解を招くよという警告なのかもしれませんね。

エイプリルフールの恋愛系ネタは細心の注意を(笑)

カップルなどの間柄で一番笑えないのが、エイプリルフールでつく恋愛ネタ。単なる冗談では済まなくなるような話もありますので、気を付けましょう。

【告白ネタが本気にさせちゃった!】

男女の中でよくあるのが『告白ネタ』。お互い冗談と思って告白し、笑い飛ばすというものですが、実は相手側が本気になってしまった…なんてこともよくあります。

これが良い方向に進み、お互い好き同志になればトラブルにはならないのですが…嘘をついた本人は、冗談のつもりのテンションだったので、「付き合う気はない」「本気じゃなかった」というネタバラシをすると、本気モードの相手側は、かなり傷ついてしまいますよね。

仲良かった友情もこれで壊れてしまいますので気を付けてくださいね。

【嘘のつもりが本当に別れるハメに!】

こちらあるある話。冗談のつもりか、相手の気持ちを確かめるつもりか、エイプリルフールに便乗して『別れたい』と切り出してみたところ、「実は俺も前から思ってたんだよね…」なんて反応が返ってきて、結果、本当に別れてしまうケースもよくあるんだそうです。

他にも、「実は〇〇君と浮気してたの…」なんて嘘をついたら、彼氏も実は自分の友達と浮気していた…なんて事実が発覚したり…。本当に恋愛系の嘘は、双方にとってあまりメリットがありませんので、やめましょうね!

スポンサーリンク

エイプリルフールの笑えるネタ集まとめ

いざエイプリルフールといっても、なかなか良い嘘が思いつかないものですよね(笑)人を傷つけない・不快にさせない面白い嘘をつくことが鉄則です。ここで、面白ネタをご紹介します。嘘をつくときの参考にしてみてくださいね(笑)

●家族につく笑える嘘

・「頂き物の梨だよ、食べて~」と切ってお皿に出すものは、実は生の大根(笑)

・牛乳パックの中身を全て飲むヨーグルトに替えておく…(笑)飲んだ人はびっくり!!

友人につく笑える嘘

・「今ハワイに来てまーす」と合成写真をLINEする(笑)

・『見て!これ可愛くない?』といって面白画像や怖い画像のURLをLINEする(笑)

・芸能人の〇〇って結婚するんだってよ!

●旦那へつく笑える嘘

・「宝くじ当たっちゃった!」と言ってニセの宝くじを見せる(笑)

・家中の時計を2時間ほど早めておいて、「やばい!寝坊だ!!」と騒ぐ(笑)

・「コーヒー入れたよ~」と言って中身はポン酢(笑)

●カップルにつく笑える嘘

・「実は…昨日髪切ってきたんだ~気が付いてくれなかったね」と悲しそうに(笑)

・「あれ?鼻毛出てるよ」(笑)

・「実は…大好きな人が出来たの」と言って彼氏の写真をLINEする(笑)ドキッとした後のほっこりラブラブ話に。

まとめ

いかがでしたか?エイプリルフールの嘘は、周りに迷惑のかかる物や、怪我や事故や病気になったなど、本気で相手が心配するような嘘はやめておきましょうね。

カップルの間でも、「妊娠した」「別れた」などの嘘もご法度です。明らかに嘘だと分かるような可愛い嘘やいたずらをした方が、笑って済みますよ!さて、皆さん、今年はどんな嘘をつきますか?是非参考にしてみて下さいね。

スポンサーリンク