クリスマスの過ごし方 海外と日本の違い!?カルチャーショック

クリスマスの過ごし方の違い

日本のクリスマスといえば、ご存知のように家族やお友達、または恋人同士などで、大盛り上がりで楽しく過ごす方が多いですよね。

大抵の企業も、クリスマスにちなんだ、大きなイベントを企画してくれたりしますので、そんな会場で過ごしたりしますよね。

なのでクリスマスは、日本の一年のイベントの中でも、もっとも盛り上がるイベントと言っても過言ではありません。

それでは海外では一体どのように過ごしているのでしょうか。

スポンサーリンク

クリスマスの過ごし方 日本と海外の違いは?

日本では12月に入ると、最近では早ければ10月31日のハロウィンが終わるとすぐにクリスマスグッズの販売が始まります。

12月に入れば、町中クリスマスの飾り付けやイルミネーションでお祭り騒ぎ、人々の気分もなんとなく上がっていきますよね。
そしてクリスマスの25日が終わるとあっと今にお正月ムード・・・

結構この切り替えの早さに日本人である私でさえついていけない感じがします。

日本のクリスマスといえば、24日のイブがメインで、家族やお友達でパーティをしたり、恋人同士はプレゼント交換したり、子供のいる家庭ではサンタさんがプレゼントを持ってくるのをドキドキしながら寝るという嬉しい日になります。

しかし、海外ではどうでしょう。
アメリカ、イギリス、ドイツを中心に見ていきたいと思います。

どちらの国も、11月頃からクリスマスの雰囲気になるのは日本とあまり変わらないようですが、日本と違うのは1月くらいまでクリスマスの雰囲気を残しているということです。

私も実際に年末から新年にかけてグアムに行った時、まだホテルのロビーにクリスマスツリーが飾られてるのを見て、ちょっと違和感を感じたことがありました。

カトリックの影響の強いキリスト教圏のイギリスやフランスなどは、クリスマスは12月25日に始まり、1月6日の公現祭に終わるのだそうです。

公現祭とはキリスト教最古の祝日の1つとあります。

また日本以外の国で共通しているのが、日本では恋人がいると家族より恋人と過ごすイメージですが、海外では家族とゆっくり過ごす日なんだそうです。

そして日本では24日は町中が盛り上がってて、レストランはクリスマスディナーが出てますし、お店もいつもより長く開いていたりしています。

しかし、海外では家族や親せきが集まって家で過ごすので、お店はどこも閉まってて、イギリスでは電車も止まってしまうのだそうです。

海外のサービス業の店員さんが少し羨ましくもありました。「日本ではクリスマスこそ稼ぎどき!」って感じでシフトの半強制なども耳にすることもありますし。とても休めない雰囲気ですから。。

日本のお正月のときの雰囲気にも似てるなと思いました。

調べていて、文化の違いが顕著で興味を掻き立てられました。笑

クリスマスの食事ですが、日本ですと鶏肉がメインで、特にケンタッキーは長蛇の列を作るほど日本独自の文化が出来上がっています。コマーシャルの影響でしょうか。

アメリカは他民族国家で宗教も様々なため、クリスマスを祝わない人もいるので、特に決まった食事はないそうです。

イギリス、ドイツは七面鳥がメインなんだそうです。

そして共通して日本との違いはクリスマスケーキを食べないこと。クリスマスケーキというのは、大手のお菓子会社が作った日本独自の文化らしいです。

日本のバレンタインデーイベントも某お菓子屋さんが発案したイベントですもんね。笑

スクリーンショット 2016-08-31 8.51.14

日本人と諸外国人のクリスマスの考え方の違いは?

クリスマスというのは本来キリストの降誕のお祝いをする日でありますから、キリスト教を信仰する国では、クリスマスを宗教的な意味でとても大切にしています。

しかし、日本はそういった宗教的な意味合いをなくし、お祭り色の濃い独自の盛り上がり方をしています。

クリスマスの過ごし方について海外の人の日本への反応については、ケンタッキーやクリスマスケーキ・・・日本では確かに当たり前になっていましたが、海外の人からみると非常に不思議なことが多いようです。

キリスト教とが少ないのになぜこんなに盛り上がるのか。

なぜ恋人と過ごすのか、なぜ家族と過ごさないのか

なぜフライドチキンなのか

クリスマスケーキをなんで食べるのか

プレゼントはなぜ1個しかもらえないのか

クリスマスではなくイブが盛り上がるのはなぜか

などなど

まとめ

いかがでしたか。
最近の日本のクリスマスの盛り上がり方はここ数年でさらに盛り上がりを見せていますよね。ハロウィンもそうです。

宗教的な意味合いは置いておいて、完全に日本独自のオリジナルのイベントの仕様になっています。

それはそれで私個人としては楽しくていいなぁと思うのですが、実際に本場のクリスマスも過ごしてみたいなぁと思いました。

スポンサーリンク