旦那・主人・夫の呼び方の違いと使い分け方は?マナーを知って良妻に!

大好きな彼と、晴れて結婚し、正式に夫婦となった2人。冠婚葬祭などの行事や、彼の会社関係との社交の場も増えてくるかと思いますが、さて、世間では一般的に結婚した旦那さんのことを、相手に話すときは何と呼ぶのが正しいのでしょうか?

色々な呼び方があるようですが、相手によっても、シーンによっても様々ですよね。そこで今回は、いざという時に恥ずかしくない、旦那さんの呼び方についてご紹介します。

スポンサーリンク

旦那、主人、夫…臨機応変に使い分ける必要はある?

第三者に結婚相手の話をするとき、色々な呼び方がありますよね。旦那、主人、夫…など様々ですが、一体、何が違うのでしょうか?

【主人】

「主人」と言うと、「一家の長」的なイメージで、一番偉い人という感じがしませんか?

あの国民的アニメ、サザエさんでも、おフネさんが、おカルさんと立ち話をする際に、波平さんのことを「うちの主人が」と言っています。笑

サザエさんでも、波平さんの存在感は絶大で、絶対的な権力を持っている感じがしますよね。そう、昔の日本は、まさにあの夫婦そのもので、女性より男性の方が偉いと考える時代でした。

そう言ったことからも、ご主人様に敬意を表し、「主人」と言う呼び方が一般的だったのです。しかし、最近では、女性の社会進出も増えてきて、男女平等が当然。

「男尊女卑」を嫌う傾向にありますので、「主人」と呼ぶのに抵抗のある女性は多いんだそうです。

【旦那】

よく「うちの旦那がさぁー」と話をする奥さんを見かけますが、実は「旦那」という言葉は、「主人」という呼称よりも更に敬うときの表現なんです!

時代劇などで聞くと思いますが、昔は奉公人が、仕えている主人のことを呼ぶ際に「旦那様」と呼んでいたことから、尊敬の意を込めた呼び方だったんです。

しかし、現代では、前述のように「うちの旦那」と呼ぶと、何だか上から目線で、旦那さんのことを下に見ているように聞こえたり、悪口を言う時のイメージがあるので、「旦那」という呼び方を不快に思う方もいるんだそうです。

確かに、逆の立場で考えれば、旦那から「俺の嫁」呼ばわりされたら、なんか偉そうに言われてる気がして嫌ですもんね(笑)

【夫】

「夫」と言う言葉自体は、妻の反対語で、前述したような時代背景も特にありませんので、対等なイメージの呼び方です。

男女平等の現代と、非常に合った呼び方かもしれませんね。

スポンサーリンク

旦那、主人と呼んだ方がいい場合は?

旦那さんの話をする相手によっても使い分ける必要がありそうですよね。

例えば、友達と旦那さんの話をする時は、「うちの旦那」で十分だと思います。呼び方の由来はともかく、くだけた呼び方のイメージですし、恐らく友達に旦那さんの話をする時は8割、愚痴でしょうから「旦那」でいいでしょう。

また、身近な親戚との会話でも、「旦那」でいいと思いますよ。

逆に「主人」と呼んだ方が相応しい場合があります。それは、会社の上司や同僚の家族などとの社交の場でのことです。

「うちの主人がいつもお世話になっております」と言うと、夫を立てる良き妻みたいに見えますよね。笑

会社関係だと、やはり「内助の功」が素晴らしいといった価値観を持っている目上の方が多いと思いますから、「主人」と呼んだ方が良いでしょう。

間違っても、そんな場で「うちの亭主」「うちの旦那」なんて呼ばないように!周りから鬼嫁だと思われたりする可能性もあるかもしれません。笑

実は「夫」が一番フォーマル?

実は、「夫」という呼び方が一番フォーマルで、万能だって知っていましたか?

実は「主人」と言う呼び方だと、第三者に対し、自分の家族のことを敬って呼んでいることになるからです。

わかりやすく言うと、ビジネスマナーのことを思い出してください。自分の働いている会社に、他社から電話があるとします。「〇〇さんはいらっしゃいますか?」と聞かれた際に、『〇〇は外出中でございます」と答えますよね?

例えそれが上司だとしても、「〇〇さん」や「〇〇部長」などと相手に対して社内の人間のことを呼ばないと思います。

それと同じで、自分の家族のことをへり下って言うのが常識でもあります。お父さんお母さんのことを、「父」「母」と呼ぶのと同じですよね。

そう考えると、「夫」と言う呼び方が一番無難なのかもしれません。

まとめ

いかがでしたか?呼び方の違いで、イメージが全然違うんだということが改めて分かりましたよね。

呼び方1つにしても、日本人特有の、尊敬やへり下り等の細かなルールがあるんたなと思いました。でも、「うちの主人」なんて言いかた、気恥ずかしくてなかなか口に出せませんよね。

臨機応変に使い分けて、良識のある大人になりましょう!

スポンサーリンク