服屋の店員さんのしつこい声掛けを交わす方法!これでウンザリ回避!

しつこいショップ店員にうんざり

買い物に出かけたとき、店員さんのしつこい声掛けにうんざりしたことありませんか?店内を見て回るとき、ずーっと後ろからついて来られたり、ちょっと商品を手に取ろうものなら、ここぞとばかりに話しかけて来たりしますよね。

せっかくゆっくり買い物したかったのに、店員さんの態度次第で、購買意欲も無くなってしまいます。

声をかけられるのが本当に嫌いな私も、実は元アパレルショップの店員でした。

店員の立場もお客様の立場も経験したことのある私ですら、しつこい店員は苦手です。そこで今回は、そんなウンザリする声掛けを上手く交わすコツをお教えします。

スポンサーリンク

なぜ店員は話しかけてくるのか?

そもそも、何故あんなにしつこく話しかけてくるのでしょうか?それにはいくつか理由があるんです。

  • 万引き防止のため
  • 売り上げのため
  • 顧客を作るため

お客様が店内に入ってきたら「いらっしゃいませ」を言い、お店を出て行ったら

「有難うございます。またお越しくださいませ」を言うのは、店員さんからすると、「あなたのことを見ていますよ!」というアピールなんです。

見られていると思えば、万引きをする人も減りますよね。お店側からすれば、大事な商品を守るため、声掛けをしています。

また、一番大きい理由としては「売上のため」です。要するに、お客様に商品をアピールして買って欲しいからなんですね。

実際、声掛けを行うことで、「実はどちらにしようか迷っていた」「似合うか不安だったから他人の意見を聞きたかった」なんて言う人も多くいます。

迷っている気持ちの後押しをしてあげることで、満足にお客様が買い物をすることが出来るケースもあるんです。

更に、お客様との会話が膨らめば、楽しい買い物となり、満足すればまたお店に足を運んでくれるかもしれませんよね。

統計的にも、店員が声掛けをした方がリピーターを作りやすいという結果が出ているんだそうです。

私も、ショップ店員時代は、会話が盛り上がったお客様には顧客登録を勧めていましたから、声掛けをしないよりは、お店の売り上げアップにつながるのは事実でしょう。

店員の声掛けをスルーする

店員に声掛けをされにくい方法は?

ひたすら無視をする

さすがに、いくら声掛けても無反応のお客様にはそれ以上の声掛けはしないので、効果はあると思います。

ですが、無視をするのは抵抗がある…という優しい人は、「そうなんですか」と言って聞き流すくらいでもOKです。

店員さんがしっかりと空気の読める人ならば、それ以上のしつこい声掛けはないでしょうが、それでも『そちらは一番人気の商品で…』とか『今日は何をお探しですか?』などと空気を読めずに聞いてくる店員もいますので要注意は必要です。

ただ、ここだけの話、そういう場合はショップのおエライさんが来てる場合があり、店員さんを監視していて、一生懸命に仕事をしてるふりをしないといけないというケースもあるようです。笑

そのような気配を察することができたら、お相手してあげるのも人助けになるかもしれませんね。

「大丈夫です!何かあったら相談します」と言い切る!

私自身、買い物に行くときに一番使う手法です。どんなに声を掛けられても、「大丈夫です。何かあったら聞きますね」と言えば、それ以上のしつこい声掛けはないでしょう。

キッパリ、毅然とした態度でいれば、しつこい店員さんも引き下がってくれます。

「今日は見に来ただけなんで」と言う!

これも結構有効な手段。買う気がなく、ウィンドウショッピングをしているだけのときなどに使えます。買う気のない人に付きまとう店員はいませんから、ゆっくり見たい場合はこの手法もいいでしょう。

イヤホンをしていく!

あからさまに無視するのが苦手な人は、音楽を聴いているフリで、イヤホンを付けていくのもアリです。

よく芸能人のプライベートの買い物でしている人がいますよ。無視して好感度を落とすのも嫌だから、イヤホンをして聞こえていないフリをするんだそうです。

たとえ店員が話しかけてきても、気づいていないフリをしてスルーしましょう。

また、それが暗黙のルールでもあるかのように店員さんも察してくれる人が多いです。仮に声をかけらた場合もイヤホンを外して「はい~」と曖昧な返事をして、すぐにイヤホンを耳に戻すと、引き下がってくれる場合が多いです。

スポンサーリンク

試着をした後に買わない時の断り方は?

いくつか試着をしてしまうと、なんとなく買わないとマズイ雰囲気に思えますよね。店員さんとしても「買う気がある人だ」と思い、更に接客に熱が入ってしまうものです。

でも、気に入らないものを買う必要もないので、そこはキッパリ断りたいところですよね。では、どのようにしたら上手く断ることができるでしょうか。

1.「ちょっと他も見て考えます」

私がよく言うフレーズです(笑)気に入って試着してみたものの、なんか形がイメージと違ったり、サイズが合わなかったりしたときに、「他も見て検討します」と断ります。

また、似たフレーズにはなってしまいますが、「まだ一軒目なんですけど、これが暫定1位です。とりあえずぐるっと回ってきますね。」なんて言って店員さんをくすっとさせて帰ることもありました。

サイズが違った、形が違ったという断り方だと、アレコレ別の商品を提案されても困るので、この断り方でサクッとその場を去りましょう。

2.「ちょっと今日は時間がないのでまた来ます」

断りにくい場合は、急いでいるという理由も効果的です。「待ち合わせ時間までの時間つぶしだったけれど、そろそろ時間だからまた来るね」という感じで断ります。

その際、『お取り置き』を勧められたとしても、時間がないからまたゆっくり来ますという旨を伝えればOKです。

お店側も、お取り置き処理に少し時間がかかってしまうので、そんなに急いでいるお客様に無理には勧めないはずです。

まとめ

うんざりするくらいしつこい店員さんもいますが、店員側からすると、お客様への声掛けは業務の一環なので、正直やむを得ない部分があるんです。

私個人は、このようなしつこい店員が苦手なので、自分が売る立場の時は、お客様の様子を「迷っているのかな~?」「買う気がありそうな人かな~?」と見極めながら話しかけるようにしていました。

どうしてもショップの店員さんからの声掛けが苦手な人は、一人で買い物に行かず、友達や家族と会話しながらお店に入るといいですよ。

一人の買い物は狙われやすいので。笑

また、店内にお客さんが多くいる時を狙うのもいいでしょう。他のお客さんの接客でバタバタしている店内なら、ゆっくり見られるはずです。

他にも、同じブランドでも、デパートや商業施設内のお店より、アウトレットパークのショップは声を掛けられなかったという声もあります。

せっかくのお買い物。しつこい店員さんを上手く交わしてショッピングを楽しんでくださいね。

スポンサーリンク