フライパンってどのタイプがいいの?長持ちさせるコツは?

毎日料理で使うフライパンですが、値段や種類も色々で、どれを使っていいか迷ってしまいますよね。

安いフライパンで、こまめに買い替えた方がいいのか…やはり性能重視で、高いフライパンを長く使ったほうがいいのか?

そんな皆さんのお悩みを解消すべく、それぞれのフライパンの特徴について調べてみました。買い替えようか悩んでいる方は、是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

フライパンの寿命は?買い替え時っていつなの?

フライパンの種類にもよりますが、大体ご家庭で使用するフライパンの寿命は、1年~3年くらいが平均と言われています。

買い替え時も、使っている人の感覚によって様々だと思いますが、フライパンの表面のコーティングが剥がれてきて、食材がよくくっつくようになった時が、買い替え時かなと思います。ただ、鉄製のフライパンは、コーティングが剥がれるということがありませんので、大体10年くらいは長持ちすると言われているんです!

ただし、他のフライパンに比べ、フライパン自体の重量があるため、女性が料理するのには不向きかもしれませんよね。

種類別フライパンの特徴

①フッ素(テフロン)加工フライパン

よく一般家庭で普及しているのが、このフッ素(テフロン)加工のフライパンです。

【メリット】

  • フッ素樹脂をコーティングさせているため、滑りが良くくっつきにくい
  • 汚れも簡単に洗い流すことが出来る

【デメリット】

  • フッ素樹脂は、摩擦に弱いため、金属製のフライ返しを使うと劣化しやすい
  • 熱にも弱いため、強火の調理で劣化しやすい
  • 耐久性には劣る

②マーブルコート加工のフライパン

大理石をフッ素樹脂と共に表面にコーティングしたフライパン。まだら模様になっているのが特徴です。

【メリット】

  • マーブルは、非常に硬い粒子なため、普通のフッ素(テフロン)加工のフライパンに比べ、耐久性に優れている
  • 摩擦に強く、コーティングも剝がれにくい
  • くっつきにくく、焦げにくい

【デメリット】

  • 他のフライパンに比べ、熱が上がるのに時間がかかる
  • フッ素樹脂を使用しているため、高温で調理するとコーティングの寿命を縮めてしまう

③ダイヤモンドコート加工のフライパン

人工ダイヤモンドをフッ素樹脂に混ぜてコーティングしたフライパンのこと。

【メリット】

  • ダイヤモンドを使用しているため、耐久性に優れている
  • 傷がつきにくい
  • 油をたくさん使わなくてもくっつかない
  • 汚れも落ちやすいため、洗い物が楽

【デメリット】

  • 通常のフッ素加工のフライパンに比べて耐久性に優れているが、やはり熱に弱いため空焚きは厳禁

④セラミック加工のフライパン

セラミックでコーティングされているフライパンのこと。これまでの黒い色の表面ではなく、白色が特徴。

【メリット】

  • 耐熱性に優れており、強火での調理でも劣化しにくい
  • 表面が白色で見た目がキレイ
  • 傷がつきにくい
  • 焦げ付きにくい

【デメリット】

  • 油を表面に付けなければいけない(油をひかないと、かなりくっつく)
  • 他のフライパンより値段が高い
  • しっかりと使い方を熟知しないと、メリットを活かせない

フライパンを長持ちさせるコツとは?

①火加減に気を付ける

特に、フッ素樹脂を使ったフライパンは、火加減には気を付けなければいけません。強火で使い続けると、フライパンの耐熱温度を超えてしまう場合があり、劣化の原因となります!空焚きには充分注意しましょう。

②傷には注意!

金属製のフライ返しを使用すると、表面に傷がつきやすくなります。木べらやシリコン製のものを使うようにすると良いでしょう。また、洗う時もゴシゴシと固いスポンジやタワシで洗うのはNGです。小さく円を描くように優しく洗い流すようにしましょう。

③中性洗剤を使う

洗う時は、研磨剤などが入ったクレンザーではなく普通の食器洗い用の中性洗剤を使用しましょう。研磨剤の入った物は、傷が付き、劣化の原因となります。また、食洗器を使用している方は、手洗いに変えましょう。食洗器用の洗剤や水の勢いが、劣化の原因となります。

④フライパンを使ったあと、急激に冷やさない

熱したフライパンを急激に冷やしてしまうと、劣化の原因となります。フライパンを使い終わったら、熱が冷めるまで待ってから洗うようにしましょう。

おすすめフライパン3選!

①ティファール

ティファールと言えば、「取っ手が取れる~」のCMでお馴染みのメーカーですよね。

ティファールの魅力と言えば、熱の伝わりが早いこと。全体にまんべんなく熱が伝わるので、料理がおいしくなるんです。

また、取っ手がとれるタイプだと、収納する場所をとらないので便利!ごちゃごちゃしてしまう、フライパンやお鍋の収納もスッキリとキレイに収まるのが嬉しいですね。

②ruhru(ルール)

ドイツ生まれのフライパンで、ここ数年日本でも大変人気のフライパンです。

ナノダイヤモンドコーティングがされているフライパンで、油を引かなくても焦げ付くことがありません。「健康フライパン」と呼ばれているだけあり、余分な油をカットし、ヘルシーに料理を作りたいという人向けです。

油を使用していないのに焦げにくく、耐久性にも優れているため、10年は使えますというのが売りなんですね。

③フレーバーストーン

よくテレビの通販でも紹介されている「フレーバーストーン」は、油を使わなくても焦げ付かないことで人気の高いフライパンです。

スーパーストーンコーティングがされており、耐摩耗性に優れているとされています。汚れもするっと落とせるので、お手入れも簡単なのが嬉しいですよね。

まとめ

いかがでしたか?フライパンは、値段だけで観るとピンからキリまであり、使い方や頻度によっても様々ですが、安いフライパンを1年周期で買い替えるのと、高いフライパンを10年使うのと、どちらがコスパが良いか色々と試してみるのも良いかもしれませんよね。

どんなに優れたフライパンと言えど、結局は消耗品ですので、その点を踏まえたうえで買い替えましょう。毎日使うものだからこそ、焦げ付いたりくっついたりするストレスとは無縁でいたいものですね。

是非、お気に入りのフライパンで美味しい料理を作ってくださいね。

スポンサーリンク