布団のカビの落とし方と予防方法は?布団裏の恐怖を退治しよう!

布団のカビの落とし方と予防

布団を畳んだ時、布団の裏に黒い点のようなシミが付いていたことありませんか?

それって、カビかもしれません!布団なんて、早々買い替えられるものでもないし、捨てるのだって大変ですよね。

でもその上に毎日寝るとなると・・衛生的にも、精神的にもやっぱりきついもんがありますよね。

そこで今回は、布団にカビが生えていた時の落とし方と予防法をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

なぜ布団にカビが生えるのか?原因は?

人は、寝ている時に大量の汗をかきます。

その汗が、布団を湿らせてしまうのですが、そのまま敷いままにしておくと、どんどんカビ菌が発生してしまうというわけです。

カビ菌は、一般的に湿度65%以上温度20~25℃くらいが発生しやすい環境となります。梅雨の時期だけでなく、加湿器と暖房を使用した寝室など、意外とカビが発生しやすい状況を作ってしまっているんですね。

そのうえ、寝ている間にかいた汗を布団が吸収するのですから、湿気がこもり、カビが生えてしまうというわけです。

布団の場合は、毎日きちんと畳んで、押し入れにしまっていたとしても、湿った布団をそのまま畳んで、湿気のこもりやすい押し入れにしまっていたら、逆効果

マットレスの場合、ベッドフレームに使わずにそのままフローリングに直置きしている人は要注意!布団と同様、カビが発生しやすくなります。

また、ベッドフレームに使用していたとしても、床との隙間があまりない場合や、収納付きベッドを使用している場合は、風通しが悪く、湿気がこもってしまうのでこれも注意が必要です。

日本は、もともと高温多湿な気候なので、どうしても湿度が高い環境に陥ってしまいます。

しかも、マンションのような鉄筋コンクリート造の建物の場合は、木造戸建て住宅に比べ、密閉度が高いため、湿気が逃げる場所がないのも原因の一つです。

マンション住まいの方は、冬場、ひどい結露に悩まされることありますよね?それが、風通しがよくない証拠なんですよ。

賃貸マンションの場合などは、24時間換気用の換気扇を回しておくことで、室内の換気がだいぶ変わってきます。

うるさいからとか、電気代の節約にとついつい止めておこうかなと思う方は要注意ですよ。

私が鉄筋鉄骨造(RC造)の賃貸マンションに住んでいる際に湿気に悩まされたことがありました。

そのときの対応策として24時間用の浴室換気扇とトイレの換気扇もつけっぱなしにしとくことで見事に解消された記憶があります。

部屋の湿気が気になるなと思われたり、フロリーングの床面に冷えたグラスのように水滴が発生するようでしたら、要注意です。

換気扇を試してみてください。

布団にカビが生えてしまった時の落とし方は?

カビは、通常目に見えないものですが、黒カビを発見したということは、布団の表面だけでなく、その内部にも発生しているということ!なので、発見したらすぐにカビを落とさなければ、どんどん繁殖していってしまいます。ひどいときには、フローリングにまでカビが移ってしまうので、注意してくださいね。

重曹&エタノールでカビを落とす

①重曹小さじ1杯程度に、水100cc(ぬるま湯が最適!)を合わせ、重曹スプレーを作ります。100均などで売っている、スプレーボトルを使うといいです。

②黒カビ部分に、重曹スプレーをかけ、3分ほど放置し、浸透させます。

③その後、歯ブラシで軽くこすります。

④ティッシュで押し付けるように、水分を取っていきます。

⑤エタノールをかけて湿らせたティッシュで3分湿布させます。

⑥その後、しっかり乾燥させます。

⑦仕上げに、布団に掃除機をかけ、見えないカビやダニの死骸を除去すればOK

布団には、漂白剤を使って洗うことができないため、重曹スプレーを使ってカビを除去し、エタノールを使って減菌する方法がベストです!

布団カバーについたカビを落とすには?

漂白剤でつけおき洗い

洗濯用の漂白剤を使用し、1時間ほど浸けてから洗い、しっかり乾燥させればOK

ただし、色落ちなどの恐れがあるため、塩素系ではなく酸素系漂白剤を使用してくださいね。

それでもどうしても落ちない!という頑固なカビの場合は、布団クリーニングなどを利用してみるといいかもしれません。

抗菌防臭効果のあるプランなどもあり、大体1枚6.000円前後からお願いできるようです。

また、3枚セットで12.000円というプランもあるようですよ!

カビの被害を受けた高級羽毛布団だったりお気に入りの布団なら検討してみた方がよいですね。

私はニトリで購入した布団でしたので、使用年数を考慮しても買い換えという決断になりましたが。笑

布団にカビを発生させない予防策とは?

せっかくキレイに洗ったならば、もう嫌な黒カビを発生させたくありませんよね?

ではどうしたら、布団にカビを生やさないようにできるのでしょうか?

マメに布団を干す&乾燥させる

…といっても、日中仕事などで家を空けることの多い人は、なかなか難しいですよね。

最近では、室内用布団物干しなども売っているため、風通しのよい場所で、日中布団を室内干しし、あれば布団乾燥機などをかけるとイイです。

毎日の布団の上げ下げも、湿気のこもった布団をしまうのではなく、ある程度干した布団をしまうようにしましょう。

フローリングに直接布団を敷かない

フローリングに直に布団を敷いてしまうと、湿気の逃げ場が失われ、結露状態になってしまいます。そうすると、布団だけでなく、床にもカビが発生してしまうので、直接敷くのはNG。

ベッドを使わずに床に布団を敷くのでしたら、理想的なのはホームセンターなどで売られている「すのこ」の上に布団を敷くと良いです。

床との間に少し空間が出来るため、湿気がこもりにくい環境になります。

もちろん、すのこを使ったからと言って、万年床だとカビが発生してしまうため、こまめに布団を上げ下げしてくださいね。

最近売っているすのこの中には、そのまま布団干しになるタイプのものもあります。

それなら、面倒な布団干しも簡単にできていいですよね!

除湿シートを使う

こちらもよくホームセンターなどで売られているもので、布団の下に敷くだけで、かなりの除湿効果があります。

おすすめの使い方としては、

スノコの上に除湿シート→マットレス→除湿シート→敷布団

という順番で使うと、除湿シートが湿気を吸ってくれるため、カビにくいですよ。

ベッドの場合も同じ要領で、スノコベッドなどの風通しのよいベッドフレームに、除湿シートを挟んでマットレスを使うと、良いですよ。

ただ、この除湿シートも、マメに干さないと、これ自体がカビの原因となりますのでご注意くださいね。

布団よりは断然軽いので、洗濯物のシャツなんかを干す感覚で干せるのは便利だと思います。

布団を干すときの注意点

ベランダに布団を干すとき、是非、注目してもらいたいのが、物干し竿です。

これが清潔でなければ、全く意味がありませんよね。

実は、4月~6月上旬にかけて「赤ダニ」という虫が繁殖しやすい時期になり、ベランダの手すりや物干し竿に付着していることもあるんだそうです!

こんなのが、布団に付いてきちゃったら大変!

まずは、干すときに清潔な雑巾などで拭いてから、布団を干すようにするのがベストです。

最後に

私も、マンション住まいなため、冬場は結露に悩まされ、夏場は多湿に悩まされています。

カビを生やさないため、やっぱりスノコと除湿シート・布団乾燥機は欠かせませんね。

お子さんがいるお家は、特に、気を付けたいところです。アレルギー体質のお子さんは、すぐに反応してしまうそうなので、見えないカビやダニは大敵ですね。

布団干しって、かなりの労力ですが、天気がイイ日は外干しをして、ポカポカ・ふかふかの気持ちいい布団でお休みください。

スポンサーリンク