ご自愛くださいの使い方と例文 正しい意味を知って気遣い上手に!

ご自愛ください 例文

あなたは手紙で『ご自愛ください』と書いたことありますか?書かれたことありますか?私はいただいたことはありますが、書いて出したことはないかもしれません。

多分自分の中で、どう使っていいのか自信がなくて書こうとしなかったんだと思います。というわけで、『ご自愛ください』を誰にどんな風に使ったら良いのか調べてみました。

スポンサーリンク

ご自愛くださいの意味と使い方とは?

まず、『自愛』の意味ですが、『自分を大切にすること』『自分で自分の体に気をつけること』という意味があります。

ですので、手紙の最後に書くと、相手の健康を気遣う結びの言葉になります。とても丁寧で男女問わず、しかも目上の人にも使えるとても便利な言葉です。

ただし、手紙を書く相手が病気の時や怪我をしてる時など体調の悪い時は使ってはいけません。その際は、『ご自愛ください』ではなく、『1日も早いご回復をお祈りいたします』などと結ぶのが良いです。

さらに『お体をご自愛ください』となんとなく使ってしまいそうですが、ご自愛という言葉の中に『ご自身の体を』という意味が含まれているので、使い方を間違わないようにしましょう。

また必ず最後の結びの言葉として使うものなので、文章の途中には絶対に入れないようにしましょう。

この『ご自愛ください』と言うのは上司に使えるかですが、答えは使えます!

『くれぐれもご自愛ください』と言うように『くれぐれも』をつけたり『ご自愛くださいませ』と書くとより丁寧になりますので、上司や目上の方にはこのような言い方がおすすめです。

では、ここからご自愛くださいを使った文例を紹介しましょう。

ご自愛くださいの文例

手紙の最後に『ご自愛ください』と結ぶ場合、その前に時候を表わす言葉を入れます。

夏のご自愛ください例文

『梅雨明けの季節ひとしおでございます。何卒ご自愛のほどお願い申しあげます』

『酷暑の折、ご自愛ください』
『暑さ厳しき折柄、くれぐれもご自愛ください』

冬のご自愛ください例文

『寒さ厳しきおり、くれぐれもご自愛ください』 『急に寒くなりましたので、風邪など召されませんようご自愛ください』

などがあります。

『季節柄ご自愛ください』
『季節の変わり目ですのでくれぐれもご自愛くださいませ』

も使い易い文例です。

また、一年通して、使える例としては、
『ご多忙かと存じますがくれぐれもご自愛くださいませ』
『お忙しいかと思いますが、どうぞご自愛ください』

などがあります。

 

年賀状に書くご自愛ください例文

『御身くれぐれも大切になさいますようお祈り申し上げます』
『お体をおいといくださいませ』
という言い方があります。『おいとい』というのは、『いたわる』や『大事』と言う意味があります。
これらの文例は手紙ではなくビジネスメールでも活用できます。
では逆に『ご自愛ください』と言われた時はどのように返事したらいいのでしょうか。

スポンサーリンク

ご自愛くださいに対する返事の文例は?

受け取った場合は相手の方への感謝の気持ちと相手の体調を気遣う文章を入れれば良いのです。

例えば
『お気遣いいただきありがとうございます。◯◯さんもどうかお体にお気をつけくださいね』
『お気遣い、心より感謝いたします。◯◯様も何卒お体大切になさってください』
『お気遣いの言葉大変嬉しく思っております。◯◯様もお元気で過ごされますようお祈り申し上げます』

などです。

まとめ

いかがでしたか?私は今まで使ってこなかったこと後悔しました。こんなに使いやすい文だと知りませんでした。これからは活用して、ちょっと大人な手紙を書いてみたいと思います。

スポンサーリンク