部屋干しの臭いの原因は?なかなか乾かないの解決方法と干し方のコツ!

特に梅雨の時期や、冬の曇り空が続く時期、洗濯物を部屋干ししてしまいますよね。カラッと晴れた日に、お洗濯するのが一番ですが、たまっていく洗濯物を放置するのも嫌なので、ついつい部屋干しをしてしまいます。

でも、部屋干しすると、部屋が臭くなったり、じめっとすることありませんか?キレイに洗ったはずの洗濯物まで臭くなってることもありますよね?

そこで、今回は多くの主婦を悩ます、部屋干し問題について解決していきます。どうすれば部屋干し臭がしなくなるのか?是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

部屋干しで臭くなるのは何で?

部屋干しが臭くなるのは、洗濯物に付着している見えない雑菌が原因。落とし切れていない汚れや、洗剤カスなどが元となり、長時間湿った状態でいることで、雑菌が増殖し、生乾きの嫌なにおいを発生させてしまうのです。

部屋干しでもにおわない方法は?

洗濯槽をキレイに保つ

そもそも、洗濯機が汚れていたら、いくらきれいに洗っても、雑菌が付いてしまいますよね。

ニオイの元となる雑菌を増やさないようにするには、まずは洗濯機をキレイに保つこと!専用のカビ取り剤などを用いて、月に一度くらいは洗いましょう。

また、洗い終えた衣類は、長時間洗濯機内に放置せず、速やかに干しましょう。湿った衣類を、密閉された空間に放置すると、雑菌が増殖してしまいますよ。

汚れものはランドリーボックスなどを使い、そこに入れるようにしましょう。間違っても、洗濯機をランドリーボックスの代わりに使わないようにしてくださいね!

使用後の洗濯機は、なるべくふたを開けて、風通しをよくし、内部を乾燥させるようにするといいですよ

抗菌効果のある洗剤を使用する

最近は、抗菌効果のあるものや、部屋干し専用の洗剤も売られていますので、そのような洗剤を使うことも雑菌繁殖を防ぐのに効果的です。

ちなみに、洗剤は適量を使用するようにしてください。

多ければその分汚れが落ちると思いがちですが、逆にすすぎ残しを増やし、洗剤カスを媚びりつけてしまう可能性もあるんですよ。

すすぎ洗いにはお風呂の残り湯は使わない

お風呂の残り湯は、洗う時は温度が高く、汚れも落ちやすいかと思いますが、すすぎまでしてしまうと、お風呂のお湯に残っている雑菌を洗濯物に付着させてしまいますので、すすぎの時は水道水を使いましょう。

干すときは風通しの良い場所で!

部屋干しをするとき、カーテンレールや壁際に干す事があると思いますが、実はこれも部屋干し臭の原因に!なぜかというと、窓や壁の近くだと、空気が通りにくいため、乾くのに時間がかかってしまうからです。

湿った状態が長く続けば、それだけ雑菌が繁殖してしまうということ!干すときは、部屋干し用のハンガーラックなどを用いるなど、なるべく風通しの良い場所で干しましょう。

また、カーテンや壁には、目に見えない汚れが付いているものなので、それが洗濯物につけば、これもまたニオイの元となってしまいますので気をつけましょうね。

スポンサーリンク

部屋干しを早く乾かす方法は?

要するに、部屋干し臭を無くすためには、雑菌が繁殖する前に乾かしてしまえばいいんです!

でも、お日様の当たらない部屋干しで、どうやったら早く乾かすことができるのでしょうか?いくつか裏技をご紹介しますので試してみてくださいね。

干すときはアーチ干しで速乾!

洗濯物を干すときのコツですが、なるべく衣類同志を5㎝以上離し、風通しを良くして干すことが大事です。

さらに、両端にバスタオルなどの長めのものを干し、内側に靴下や下着など軽めの衣類を干す「アーチ干し」が早く乾きやすいと言われています。

これは、アーチ干しにすることで、風通しが良くなるため、空気に触れやすくなるからです。

扇風機や換気扇で速乾!

私もよく使う方法ですが、部屋干ししたものに、扇風機を当て続けるやり方。風を当て続けるので、早く乾きます。あの嫌な臭いもしなくなりますよ。

湿気を無くして速乾!

干した洗濯物の下に、新聞紙を敷いたり、丸めた新聞紙を転がしておくと、その新聞紙が湿気を吸収してくれますので、早く乾くんです。湿気がすごいと、部屋全体も臭くなってしまうので、これはおすすめですよ。

ズボンやスカートは筒干しする!

ピンチハンガーなどを使って、なるべく空気の通り道を作ってあげる干し方をしましょう。ジーパンなどの厚手のものを干すときは特に効果があります。

まとめ

いかがでしたか?せっかく洗った衣類も、部屋干しの嫌な臭いで結局もう一回洗う…なんてことが無いように、色々と試してみてくださいね。

ポイントは、「雑菌を減らす!」「干すときは空気の通り道を作る!」です。

これで部屋干しの季節も乗り切れそうですね。

スポンサーリンク