衣類のカビの取り方 臭いの落とし方や予防方法を一挙公開!

クローゼットや押し入れに長い間衣類を収納していて、久しぶりにこの服着ようかな~なんて、奥から引っ張り出すと、白い粉のようなものが付いていたことありませんか。しかもなんだかカビ臭い・・・。

実はそれ、カビかもしれません!

きちんと、除湿剤や防虫剤を入れていても、定期的に日干しをしないと、カビが出来たり、カビ臭くなって取れなくなることもあるんです。

せっかく思い出の詰まったお気に入りの服が、着られなくなるのはショックですよね。捨てるのはもったいないし…と悩んでいるそこのあなた!大丈夫です!

きちんとケアすれば、衣類に付着したカビは落とし方次第で綺麗に取ることができるんです。

早速カビとりのやり方をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

衣類についたカビの取り方

1.漂白剤を使っての落とし方

利用するのは「酸素系漂白剤」。塩素系の漂白剤を使用すると、色落ちする恐れがありますので、必ず酸素系漂白剤を使用してください。念の為、洗濯表示を確認してから行ってくださいね。物によっては、浸けおき洗いがNGなものがあります。

①40℃くらいのお湯に、漂白剤を入れる (お湯1Lに対し、10gの目安で)

②1~2時間経ったら、もみ洗いをする

③カビが落ちるまで、上記の工程を繰り返す

④カビが落ちたら、通常通り洗濯機に入れて洗い、しっかり乾かせばOK

2.エタノールを使う落とし方

エタノールとブラシを使って簡単に落とせる方法です。軽度なカビは、この方法で落ちますが、黒カビなど頑固なものは落ちませんので、漂白剤を使うなどしましょう。

①カビのついた部分を、洋服用のブラシで軽くブラッシングし、埃やその他の汚れを取る

②タオルに消毒用のエタノールを含ませ、ポンポンと叩くようにしてカビを取る

③カビが取れたら、日干ししてしっかり乾かせばOK

3.重曹を使って臭いも除去

酸素系漂白剤で落ちなければ、重曹を混ぜると効果的です。重曹には、カビ取りのほかに、臭い取りの効果もありますので、カビ臭さも取れますよ。また、洗濯槽の掃除にもなるので、まさに一石二鳥ですね。

①重曹と酸素系漂白剤を1:1の割合で混ぜる

②そのまま洗濯機に入れて通常通り洗濯する

③しっかり乾燥させればOK

【レザーに付着したカビ取りの方法】

デリケートな革製品の場合は、重曹をペースト状にしてカビを落とします。

①重曹に水を混ぜ、ペースト状にする

②濡れた柔らかい布に、ペースト状の重曹を付けてカビを拭き取る

③乾いた布で乾拭きをして、よく乾燥させればOK

衣類のカビの取り方

衣類についたカビ臭さの落とし方

長い間湿気のこもったクローゼットや押し入れにしまっておくと、いつのまにか衣類にカビ臭いにおいが!・・ってよくあることですよね。この衣類のカビ臭さにはいくつか原因があります。

【衣類がカビ臭い原因】

1.クローゼットや押し入れの湿気

カビは、ジメジメとした空間が大好き。あっという間に繁殖してしまいます。梅雨の時期が一番危険だと思われがちですが、意外と寒い冬の方が、結露や加湿器などを使う室内で湿気がこもりやすくなるんですよ。

2.洗濯物の生乾き

部屋干しや、冬の寒い時期、完全に乾かないまま畳んでしまうことってありませんか?洗濯した衣類は、皮脂汚れや洗剤カスなどが残っていて、目には見えませんが、カビが発生しやすくなっているんです。

なんとなく湿っぽい時などは要注意!

3.洗濯槽のカビ

せっかく洗ったはずなのに、洗濯ものが臭いという場合は、洗濯槽のカビが原因です。洗濯機の内部は、カビが繁殖しやすく、ゴシゴシ洗うこともできないため、なかなか除去するのは難しいですよね。

洗濯槽用のカビ取り剤がありますので、月に一度は掃除をすることをお勧めします。また、洗濯をしたら、素早く濡れた衣類を出して、洗濯機のフタを開けて内部を乾燥させるようにしましょう。

【衣類のカビを取る方法】

1.洗濯しなおす

もう一度洗濯機で洗濯し直しましょう。軽度の白カビ程度なら、これで落ちてしまいます。洗濯した後は、よく乾かせば臭いも消えているはずです。

2.天日干しをする

洗濯しづらいデリケートな素材のものは、まずはお天気の良い日に、天日干しをしてみると良いでしょう。お日様に当たるだけで、風通しも良くなり、軽度なものならカビ臭さも取れます。

スポンサーリンク

衣類のカビを防止するには?

1.押し入れ内のカビを掃除する

まずは、衣類に付着しないように、これ以上カビを繁殖させないことが大事です。定期的に、押し入れやクローゼットの中のものを出して、壁や床に付着しているカビに、アルコールを吹きかけて拭き取るようにしましょう。

防カビ加工ができる抗菌スプレーなども市販されていますので、それらをスプレーしてよく換気すると、より効果的だと思います。

2.クリーニングから戻ってきた服のビニールは外す

クリーニングから戻ってきた衣服には、ビニールが掛かっていますよね。それを付けたまま、クローゼットに収納している人はいませんか?実は、それがカビの原因にもなるんです。

ビニールで覆われていると、湿気がこもりやすくなってしまうので、衣類にカビが発生しやすくなります。風通しの良い不織布のカバーに変えて収納するようにしてください。

3.換気をする

天気が良い日は、クローゼットや押し入れを開放して換気をするといいです。特に下の方に湿気がたまりやすいので、すのこを使用したり、あまり物を詰め込みすぎないようにすると、換気しやすいと思います。

まとめ

いかがでしたか?一度繁殖してしまうと、手ごわいカビ。衣類だけでなく、押し入れに収納している布団などにも付着する恐れがあります。

定期的に洗濯、換気をすることがカビ対策には一番です。使っていない布団や衣類でも、そのまましまっておかずに、時々お日様に当てるようにしてくださいね。

スポンサーリンク