結婚式後に年賀状を出すトキの文例まとめ!写真選択の注意点

ご結婚おめでとうございます♡

すでに挙式が済まれた方、もうすぐ挙式を控えている方、籍だけ先に入れられている方・・・

いろいろいらっしゃるかと思いますが、

年賀状での結婚の報告や、挙式のお礼を兼ねるのに、どのように作っていくといいのか?

ぜひ、あなたに参考にしていただけたらと思います。

スポンサーリンク

写真は何をチョイスする?

年賀状を作る時に文面よりもまず先に写真は何にしよう?と悩まれるかと思います。

今回は結婚の報告を兼ねた年賀状ですので、イラスト印刷でお洒落に仕上げるのもありですが、結婚式の当日、または前撮りの写真を入れられるといいですね♡

当日の写真を入れる場合、一つだけ注意点があります。それは、当日の写真を入れる場合は前もってカメラを誰かに頼んでおくということ!当日はプロのカメラマンが撮ってくださいますが、データとしていただけるのには時間がかかってしまうためです。

年賀状作成までに時間があまりない場合は、このデータを使えないので友人や親せき(イトコなど)に頼んでおくといいでしょう。

前撮りの写真を使う場合は年賀状専用に撮ってみるのもいいと思います。前撮りは時間がゆったりとありますので、カメラマンに相談してみるといいですね。

どんな写真が好印象?

まず絶対にやってはいけない写真は、キスをしている写真・ベタベタとくっついている写真など、見ているこちらが恥ずかしくなるようなタイプのものです。私なら、こんな写真を貰ってしまったらまずドン引きしてしまいます。(笑)

結婚したて、新婚さんらしい幸せな様子が伝わる笑顔あふれる写真だと好印象ですね。

ちなみに私が貰って「素敵だなぁ」と思った写真は、まるでモデルさんのように、綺麗な部屋の中で大きなソファーに2人で見つめあいながら座っていた写真。全体的に茶色を基調とした写真で、とても美しく思いました♡

さて、当日ですと、披露宴のワンショットを使う方が多いと思います。例えば・・・

ウエディングケーキカットの瞬間

キャンドル(アクアイリュージョン)サービスの瞬間

乾杯とグラスを持っている時

お酒が入って宴会中の楽しそうな瞬間

などなど。

前撮りの場合だと、

「謹賀」「新年」の紙を2人で持って並んで座っている写真(和装に限りますが)

フォトプロップス(吹き出しやメガネなど写真を撮影する時に使う小道具)を使って「結婚しました」「よろしくね」などのメッセージと共に撮影した写真

などと、前撮りならではの小細工ができますね!

前撮りで着物を着るけど、当日はドレスしか着ないという人は、着物姿の写真を使うと披露宴に参加した人にも新鮮味を感じてもらえると思います。

ただあまりにラフな写真は目上の人、親戚の人には好まれない場合もありますので、関係性を配慮する必要があります。

文章は相手によって変えていく

文章は式に来られた方、来られていない方、目上なのか友人なのかで使い分けられるとさらに好印象でしょう。

リストを作り、どの人をどのタイプの分にするのか、パートナーの人と話し合いながら振り分けていきましょう。

しかし、細かに分けると準備をするのも大変ですよね。その場合は、結婚式に招待していない人だけを別にして、あとは全般的に使える文章にまとめてしまうのもだめではありません。

では、例文をいくつか挙げていきます。

●全般に使える文章

謹んで新春のお慶びを申し上げます

私たちもお陰様で結婚して初めての正月を迎えることができました

今後とも皆様のご指導と末永いお付き合いをよろしくお願い申し上げます

皆様のご多幸を心からお祈り申し上げます

●友人向け

新年あけましておめでとうございます(HAPPY NEW YEAR)

昨年は私たちの結婚式にご出席いただきありがとうございました

ようやく新居も決まり、下記の住所へ転居いたしました

お近くにお越しの際にはぜひお立ち寄りください

●目上の人向け

新年おめでとうございます(謹んで新春のお慶びを申し上げます)

昨年は私共の結婚に際しまして ご多忙中にもかかわらず多大なご配慮をいただき誠にありがとうございました

まだまだ未熟な2人ですがどうぞ本年も変わらぬご指導のほどよろしくお願い申し上げます

●式に招待していない人向け(親しい人)

健やかに新年をお迎えのことと心よりお慶び申し上げます

ご報告が遅れましたが 私どもは昨秋結婚いたしました

2人で力を合わせ明るく温かい家庭を築いていこうと思います

どうぞ末永いご交誼をよろしくお願い申し上げます

●式に招待していない人向け(関係が薄い)

健やかに新年をお迎えのことと心よりお慶び申し上げます

ご報告が遅れましたが、皆様のご配慮のもと昨秋結婚いたしました

本年も皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます

 

この印刷面の余白に、手書きで1人1人にメッセージを一言かくと事務的な感じがなくなり、受け取った相手の人にも喜ばれます。

ここで親しい間柄の人には、近況報告や新婚旅行のこと、妊娠報告などを書くといいと思います。ですが、あまり親しい間柄ではない場合や会社の人にはプライベートなコメントは避けるようにしましょうね。

結婚式の年賀状を受け取った場合の返信は?

お互いに年賀状を出している場合は、頂いた年賀状が結婚式のお礼も兼ねてあったとしても、そのまま受け取るだけで、会った時に感想を一言伝える程度でいいと思います。

しかし、自分自身も出していない相手から来た場合は、その返信が7日までに相手につくようでしたら年賀状で、それ以降に着くようでしたら寒中見舞いを出しましょう。

まとめ

結婚式の年賀状を出す時はしっかりとリストに漏れがないかチェックしてくださいね。

また今年は出したけれども来年は出さない・・・などとならないようにしましょう。

親戚や友人に限らず、すぐに来年出すことを辞めると、「結婚式に出たからきただけ」「幸せの報告をしたかっただけ」などと悪印象にも捉えられてしまいます。

今年は返事が来なかった、来年も来なかった・・・ここでやっとどうしようか、とパートナーの人と相談しあうといいと思います。

私自身も結婚してからの年賀状は出席者全員、遠い親戚も含めて出していました。しかし関係が遠すぎると相手側もこちらのことにすぐにピンとこないかもしれません。(わたしたちはそんな関係が遠すぎる人たちにも出していました)

もちろん返事がこない人もたくさんいました。しかし失礼になってはいけないと3年間は出し続けて、そこでパートナーに相談して出すのを止めました。

親戚づきあいは特にどこまでという区切りが難しいものです。少しずつ年月をかけて線引きをしていってください。

スポンサーリンク