喪中に新年の挨拶のしかた!メールやハガキの送り方を例文でご紹介!

喪中の新年の挨拶

自分が喪中だった場合、通常、年賀状を送らずに、『喪中ハガキ』を12月初旬くらいに送りますよね。

年賀状を送る予定であった相手の方へ「喪中ですから、新年の挨拶は控えさせていただきます」という旨をお知らせします。

ところが、うっかり、送り忘れた相手から、年賀状が届いてしまった場合、どうすればよいのでしょうか?

失礼に当たらない、大人のマナーをご紹介します。

スポンサーリンク

喪中期間中、新年の挨拶を受けたら?

喪中のお知らせを送っていなかった相手から、年賀状が届いたら、焦ってしまいますよね。でも大丈夫!

直ぐにお返事しなくてもOKなんです。この場合、1月8日以降に『寒中見舞い』を出します。

『寒中見舞い』とは、もともとは、一年の間で最も寒い時期を迎え、相手の健康を気遣って出す手紙のことでしたが、他にも、喪中の方に年賀状の代わりに挨拶状として使う役割もあるんです。

ではなぜ、1/8以降に出さなければいけないのか?

それは、1/7までが、「松の内」と言って、正月飾りを飾るなどしてお正月をお祝いするめでたいはずの期間だからです。なので、この期間が明ける1月8日~立春までに、寒中見舞いを出すのがマナーなんですね。

他にも、年賀状の返信を出し忘れてしまい、1/7を過ぎてしまった場合は、寒中見舞いでOK。

長らく帰省していると、自宅に溜まった年賀状の中に、時々出していない人から来ちゃうこともありますからね。そんな場合は、「寒中見舞い」を出せば失礼にあたりませんね。

喪中の人に、間違って年賀状を送ってしまったら?

最近では、喪中はがきを事前に出さない人も増えてきています。年賀状に、その旨一筆添えてあったなんてことも!

または、喪中はがきが届く前に、年賀状を作成し、投函してしまった場合などもありますよね。

そんな時は、やっぱり『寒中見舞い』を送りましょう。

改めて、喪中なのに年賀状を送ってしまったことをお詫びしましょう。

相手の方も、丁寧な対応に、気を悪くされることはないと思います。


【文例】

寒中お見舞い申し上げます。

厳寒の候、いかがお過ごしでしょうか。

先日は○○様の喪中を存じ上げず、年賀状をお送りし、大変失礼いたしました。

ご家族の皆様にも心よりお詫び申し上げます。

まだまだ寒い日が続きますが、皆さまどうぞお身体ご自愛くださいませ。


因みに、当たり前ですが、「寒中見舞い」は、年賀状の余ったハガキなどを使用しないでくださいね!

無地でなくても、季節感のある絵柄のハガキなどを使用してOKです。

また、文例は、他にもネットで検索すれば色々と出てきますので参考にしてみてください!

メールでの新年のやりとり。喪中の場合はどう返信する?

最近では、年賀状を送らずにもっとお手軽にメールやLINE、ツイッターやフェイスブックなどのSNSを使って簡単にやりとりすることも増えていますよね。

特に、24時を迎えた瞬間に新年を祝うメールを送り合ったりすることが楽しかったりします。笑

ですが、気軽に送れてしまうからこそ、喪中期間中と知らずに年賀メールが届いてしまう場合も多いようですね。

そんなときは、どうすればよいのでしょうか?

本的には、これも失礼に当たらないよう、事前に『喪中メール』を出して、喪中である旨をお知らせし、新年の挨拶は控えさせていただきますとお伝えしたほうが丁寧です。

でも、うっかり忘れていたり、久しぶりの知人から年賀メールが突然届いた場合などは、『寒中見舞い』と同じように、1/8以降に『寒中見舞いメール』を送りましょう!

但し、メールやLINEだと、直ぐに返信しないと失礼な気がする!と思う方は、通常通り、直ぐに返信してもいいと思います。

「明けましておめでとう」などの言葉を使わなければいいので、文面に気を付けて送りましょうね。

『今年もよろしく』といった内容の文面にし、亡くなった人と、年賀メールを送ってくれた相手が付き合いが無かった場合などは、あえて喪中である旨も言わなくても良い場合もあります。

メールなどでのやり取りは、その方との関係性にもよりますから、あまり悩まず、普段通りのやり取りでいいかなと思います!

喪中と知っている相手への新年の挨拶は?

基本的には、喪中の方へ年賀状を送ってはいけないというルールはありません。

ただ、喪中である方の気持ちを察し、気を遣ってこちらも新年の挨拶を控えるという考え方が定着してきただけなんですね。

でも、年に一度、この時くらいしかお互いの近況を連絡し合わない相手なんかもいますよね。

その場合は、『寒中見舞い』を使って、1/8以降に喪中の方へもハガキを出してあげてください。

相手の方の健康を気遣ったり、近況報告をする内容で大丈夫です。

まとめ

年賀状・喪中にまつわるマナーはいかがでしたか?

大切な人が亡くなった悲しみは、なかなか癒えるものではありませんが、喪中だからと言って、みんな塞ぎ込んでしまうわけではありませんよね。

もしかしたら、知人からの挨拶メールや挨拶ハガキで、少しは寂しさを忘れられるかもしれません。

特に難しいマナーやしきたりがあるわけではありませんし、新しい一年を気持ちよく過ごせる、素敵な一通を贈ることができたらいいですね。

スポンサーリンク