喪中と忌中の違い 初詣は行ける?マナーの適用範囲もバッチリ解決

喪中と忌中の違い

冠婚葬祭のマナーって、学校で教わるわけでもないので、なかなか正式なものを知る機会ってないですよね。

大人になると恥ずかしくって聞けない!「忌中」と「喪中」についてご紹介します。

スポンサーリンク

「喪中」と「忌中」の違いって?

「喪中」も「忌中」も、身内の死に際して身を慎む期間を指すもので、意味合いは同じ。

じゃぁ、何が違うのかというと、『身を慎む期間』が異なるんです。

よく親族が亡くなったとき、「喪に服す」と言いますよね。

これは、亡くなった人の近親者が、一定期間、外出やお祝い事を避けて、身を慎みましょうという意味なんですが、その期間が、「忌中」と「喪中」では少し異なるようですよ。

【忌中について】

昔は、「死」=穢れたもの(けがれたもの)で、伝染していくと考えられていました。

その穢れを、祝いの場へ持ち込ませないようにするために、『忌中』が設けられ、この間は、自宅から出ることなく、お祭りやお祝いの席には一切、出なかったとされています。

要するに、人にも迷惑や禍が降りかかるかもしれないから、何もしてはいけませんという期間だったんですね。

その期間は、不幸があったときから始まって、仏式では四十九日とされるのが一般的だそうです。

【喪中について】

喪中は、亡くなった人を偲ぶ期間で、現在では、1周忌までが喪中とするのが一般的だそうです。

因みに、四十九日というのは、人は亡くなった後に49日間かけて六道輪廻を彷徨い、次に何に生まれ変わるのかが決められるとされているからです。

また、キリスト教や、浄土真宗を信仰している家庭の場合は、死を穢れたものであると捉えないため、「喪中」「忌中」という考え方が一切ないそうです!

でも、なんとなく、日本では喪中の人は、年賀状を出さなかったり、お祝いごとの参加を控えたりしますから、宗教問わず、慣例化してるのかもしれませんね。

喪中になる親族の範囲は?

こちらは、その家族の親密度や関係性・付き合い方によっても異なるので、一概には言えませんが、一般的な定義をご紹介します。

喪中になる

親、兄弟、姉妹、子、義理の親

喪中になる場合とならない場合がある

祖父母、義理の兄弟、姉妹

※夫側の親族は、喪中となるケースが多い

【喪中としない】

曾祖父、叔父、叔母、いとこ、それ以上の離れた親族

あくまで、本人が、亡くなった人とどのような関係性だったか?が、キーポイントになるので、上記の定義に当てはめて考えなくてもいいかな?と思っています。

因みに、筆者は、子供のころから祖母と同居し、おばあちゃん子であったので、亡くなったときの悲しみは計り知れず、もちろん、喪中にしましたよ。

期間中、やってはいけないこととは?

一番気になる、「喪中」「忌中」期間中の過ごし方。どんなことがNG行動になるのか、ご紹介していきます。

先にもご紹介したとおり、「忌中」は、死という穢れたものを、周りに伝染させないためにも、全てを避ける期間とされていますから、『喪中』に比べると、やってはいけないことが多いです。

『喪中』は、どちらかというと、自分自身が故人を偲ぶ期間であるので、自分の気持ち次第で、やってはいけないというものは、少ないですね。

①結婚式などのお祝いの席への出席は控える

『死』=穢れたモノという考えのもとだと、控えた方が良さそうな結婚式。ただ、最近では本人の考え方次第という場合もあるようです。

②祝い事は控える

新年のお祝いは避けた方が良いというのが習わし。

特に、忌中期間中は、鏡餅や門松などの飾りつけもしてはいけないようです。

同様に、「年賀状」も、出すのはNG。

「明けましておめでとう」ではないからですね…。

代わりに「喪中はがき」を出し、新年のご挨拶を控えさせていただく旨を、年が明ける前にお知らせします。

大体、12月上旬くらいに発送するのが目安。

因みに、年賀状を受け取ることは問題ないです。受けった場合は、「寒中見舞い」のハガキを出しましょう。

③神社などへの参拝は控える。

特に、「忌中」の場合は、お祭りや初詣などの参拝は控えましょう。

ただし、「喪中」の場合は、本人次第みたいなところがあり、自分が、まだ喪に服しているから、お祝いなどする気持ちになれないというのであれば、参拝を控えるべきです。

④忌中期間中は、肉や魚、お酒を控える。

これは地域差もあるようですが、忌明けまでは、肉や魚などの生ものや、お酒を控えるというのが昔からの習わしだそうです。

現代では、あまりそういったことをしている家庭はありませんが、よくお葬式のとき、火葬が終わった後に食べる食事も『精進落とし』と言って、本来は、肉や魚を食べないメニューが本来の姿とされています。

故人の死を悲しみ、肉や魚、酒などを口にせずに精進した日々に区切りをつけ、普通の生活に戻るという意味があったそうです。

きっと、これと同じような意味合いで、忌中期間中は、肉や魚を控えるというのが風習なんでしょうね。

お寺と神社の違いって?

神社への参拝がダメなら、お寺ならいいのか?と疑問に思う方もいますよね。

これは、忌中期間中は、お寺でも神社でも参拝はNGなんです。喪中期間中であれば、どちらも参拝は自由。本人の気持ち次第ですね。

まとめ

いかがでしたか?
なんとなく、亡くなってから間もないから、「忌中」期間中は、やってはいけないことが多いのかな?とも思いました。

自分の気持ち的にも、親しい人が亡くなったのに、お祝い事をする気分にもなれませんしね。

日本のしきたりや、風習は、時代と共に変化していくように思いますが、目上の人は、割と気にする傾向にあるので、一応、知識としてマナーを心得ておくことが大事かもしれませんね。

スポンサーリンク