マフラー巻き方まとめ!女性の可愛いさアップの魔法のコーデ!

女性の魅力アップのマフラーコーデ術

夏も終わって、肌寒くなってくる秋冬の季節!そろそろマフラーが大活躍する季節ですよね!

女性にとってマフラーは、単なる防寒具ではなく、ファッションの一部!

いつもの服装にマフラーをプラスするだけで、お洒落な雰囲気がでること間違いなしの素敵アイテム♡

ですが、せっかく可愛いマフラーを買っても、いつもと同じ巻き方じゃつまらない……。

そこで今回は、この冬一押しの、おしゃれなマフラーの巻き方や、ストールとマフラーの違いなどをご紹介しちゃいます!

スポンサーリンク

いろんな種類のアイテムをちゃんと知っておこう!

女性が使うアイテムって、「マフラー」「ストール」「ショール」「スカーフ」など様々なものがありますが、皆さんは、どんな違いがあるかご存知ですか?

ちゃんとした違いを知っておけば、使い分けに困らないですよね。早速、見ていきましょう!

【マフラー】

冬に使用する、防寒用の細長い長方形の襟巻のこと。

主に、毛糸などを編み込んだ厚手の生地のものが多く、他に比べてボリュームが出て、首元がポカポカ温かい。

男女問わず、使用することが出来るのも特徴。

【ストール】

今では、マフラーとの差があまりなく、首に巻く人も多いが、実は、肩に掛けるもの。

マフラーよりも生地が薄いため、1年中使用することが出来る。以前は、女性が主に使用していたが、現在は若い男性を中心に、男女問わず人気のアイテム。

【ショール】

ショールも、肩に掛けて使用するものだが、ストールよりも厚手で大判のものが多い。

ストールは、長方形でマフラーのように巻いて使用することが多いが、ショールは、三角形に折って肩に掛けたり、頭巾のように頭にかぶって使ったりする。

主に女性が使うアイテム。

【スカーフ】

正方形の薄い布。マフラーやショールに比べて、小さいサイズで、頭を覆ったり、首に巻く装飾品のような目的で使われる。

他のアイテムのように防寒具としての機能でなく、主にファッション性重視のアイテム。

最近では、地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子で、石原さとみちゃんがよく使っているので人気が高いアイテムです♡ちなみにバッグなどに付ける人も多いのが特徴的!

以前は、女性が主に使っていたが、最近では男性もおしゃれのアイテムとして取り入れていることが多い。

小顔効果も期待?!カワイイ冬のマフラーの巻き方をご紹介

冬のファッションアイテムとして定番なマフラーですが、どういう巻き方をすればいいの?以外とどんな巻き方があるのか早速見てまいりましょう!

垂らすだけ!

hima-mafura4出典:magazine

さらっとコートと一緒に羽織るだけで、なんか大人っぽく、こなれ感が出せます!

≪メリット≫

時間がないとき、巻くのが苦手な人などは、サッと羽織っておしゃれになるのでおススメ。この時、コートは、前を開けていた方がカッコよく見えますよ。

また、縦のラインが強調されるのでスタイルよく見えます!

≪似合う服装≫

Pコートや、チェスターコート、トレンチなど大人っぽいコートに似合うと思います。

1周巻き

hima-mafura出典:http://mery.jp

定番のぐるっと1周巻き!マフラーの厚さによっても、首元のボリューム感が変わってきます。

≪メリット≫

誰にでも出来る巻き方。時間もかからず、簡単で、どんな服装でも合うのが特徴。

≪似合う服装≫

なんでもOKです。コートだけでなく、ロングカーディガンやコーディガン、シャツでもOK。万能ですね。

スヌード風巻き

hima-mafura2出典:wear.jp

スヌードのように巻き終わりが分からない巻き方♡

≪メリット≫

首から肩にかけて、ボリュームが出るので、小顔効果大!

また、防寒にも適していて、ほどけにくいので、強風の時でも大丈夫。

≪似合う服装≫

なんでも似合いますが、厚手のマフラーだと、ボリュームがあるので、ノーカラーのコートなどのほうが、モコモコしすぎないかも?

<<スヌード風巻きのやり方>>

リボン巻き

hima-mafura3出典:instagram

女子中高生必見!絶対カワイイリボン巻き♡

≪メリット≫

女の子らしさが満載で、とってもカワイイ巻き方。物凄ーくインパクトのある巻き方なので、コーデのアクセントになります。

もちろん、首回りが温かく、ボリュームがあるため、小顔効果も期待できます!

≪似合う服装≫

何にでも似合いますが、やっぱり女子中高生の制服に合わせるのが一番カワイイです。

シンプルな制服のコートに、チェックや鮮やかな色のマフラーでリボン巻きをするのがおススメ。

ガーリーなのが苦手な方は、グレーや黒などのシックな色でやれば、大人っぽくもなります。

<<リボン巻きのやり方>>

 

クロス結び

難しそうにみえて実は、簡単なクロス結び。結び目がアクセントになります!

≪メリット≫

簡単だけど、ちょっとおしゃれに見える巻き方。

崩れにくいのもポイント!首回りにタイトに巻かれているので、寒い日でも温かいです。

≪似合う服装≫

コンパクトに結ばれているので、ダッフルコートやPコートなど、制服女子でも大丈夫。

私服でも、厚手のニットに巻いてもカワイイですよ。

<<クロス結びのやり方>>

まとめ

いかがでしたか?

女性って、その日の気分や、その日の服装によって、マフラーやストールの色・柄・生地感など、色々変えたくなってしまうので、気づけばクローゼットに何本も持っていた!という人も多いのでは?

今年の冬は、いつもと違った巻き方で、コーデのポイントにしてみてくださいね。

スポンサーリンク