年賀状の一言添え書き文例まとめ!胸熱の一言で好感度アップ!

年賀状の一言添え書き文例

最近は、新年のあいさつもLINEやメールで済ませてしまう人もいて、年々、年賀状の購入枚数も減少してきているそうですが、皆さんは年賀状を出す派ですか?

年賀状も、パソコンの普及とともに、一括印刷をしてそのまま送る人も多くなってきていますね。

また、最近では印刷会社や、写真屋さんに依頼する人も多いですよね。

でも、せっかくの新年のご挨拶。

一言だけでも、思いを込めて直筆のメッセージを添えてみてはいかがですか?

年末の忙しい時期ではありますが、きっと相手の方に喜んでもらえるはず!

そこで今回は、年賀状に使える一言添え書きの文例を相手別にご紹介していきます。

文章を書くのが苦手な方も、是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

好感度を増す上司への添え書きの文例

やっぱり会社の上司に年賀状を出すなら、印刷だけのそっけなーいハガキではなく、日ごろの感謝の気持ちや、新年の抱負などの想いを込めた一言を書いた方がいいですよね!

上司の場合、あなたの評価にもつながるかも?ほかの同僚と差がつく、あなたらしい一言を添えてみてください。


【文例】

・○○課長の期待に応えられるよう、今年は営業成績トップを目指して頑張ります!

・昨年は大変お世話になりました。今年もご指導の程宜しくお願い致します。

・いつも温かいご指導、有難うございます。今年も成長できるよう、邁進いたします。

・昨年は○○主任のおかげで、結果を出すことが出来ました。感謝の気持ちでいっぱいです。

・今年は、○○主任のお力に少しでもなれるよう、精進する所存です。

・また美味しいお酒のお店に連れて行ってくださいね。


上司の方への手紙とはいえ、あからさまなゴマすりはNGですので気を付けて下さいね。

また、共通の趣味がある場合などは、お誘いの一言もいいかもしれません。

友人の心を鷲掴みにする添え書き文例

友人へは、普段の関係性が表れる一言となりますよね!

普段、LINEやメールでしかやり取りしていない場合は、特に手書きのメッセージは喜ばれると思いますよ!


【親しい友人への文例】

・いつも支えてくれて有難う!今年もいっぱい話そうね!

・昨年もグチをいっぱい聞いてくれて有難う!今年も笑顔いっぱいの一年になるように!

・いつも有難う!また近々ごはん食べに行こうね。

・お互い良い一年になりますように!

・今年こそ、みんなで集まろう!


【疎遠になっている友人への文例】

・お元気ですか?久しぶりに会いたいね。

・ご無沙汰していますが、元気ですか?今年こそ会いたいね。

・お仕事は順調ですか?たまにはゆっくり会いたいね。

・お互い忙しいけど、頑張ろうね!


友人へのメッセージは、相手との関係にもよりますが、あまり堅くならない文章がいいですね。あまり堅いとよそよそしすぎて、かえって失礼になるので気を付けて下さいね。

また、普段、なかなか会えない友人もいると思うので、そんな時は、近況も報告しつつ、再会したい気持ちをメッセージに込めるといいです!

親戚や両親へ胸熱の年賀状の添え書き文例

親と言っても、結婚している場合は、義理のご両親へ宛てる場合もありますよね。

そんなときは、やはり気の利く一言を添えて、好感度UPをはかりたいものです(笑)


【親への文例】

・寒くなってきたので、体には気を付けてね。

・なかなか家に帰れなくてごめんね。健康には十分気を付けて!

・今度帰ったら、美味しいごはんでも食べよう!

・いつも仕送り有難う!また近々そっちに帰るね。

・帰ったとき、いつも美味しいごはんを作ってくれて有難う。

・また孫の顔を見せに行くね。


親への一言添え書きの場合は、いつもの感謝の気持ちと共に、健康を気遣う一言を添えるといいと思います。実の親だと、口ではなかなか照れくさくて言えない感謝の気持ちも、一言メッセージなら、書けそうですよね。

きっと、あなたの笑顔やあなたが頑張っている姿を思い出して、ほっこりしてくれるはず!


【親戚への文例】

・ご無沙汰しておりますが、お元気ですか?お体には気を付けてお過ごしください。

・近くまで来たら、是非寄って下さいね。

・皆様、お変わりありませんか?今年はぜひ、我が家にも遊びに来てください。

・いつもお世話になっております。今年も私たち家族を温かく見守っていてください。

・今度是非、遊びに行かせてください!

・またお会い出来る日を楽しみにしています。


親戚の場合は、普段から付き合いがあるのか、冠婚葬祭だけの付き合いなのかにもよりますね。

目上の人には変わりないので、失礼のない文章にしましょう!

久しぶりの再会を願ったり、相手の健康を気遣うようなメッセージがいいです。

幼いころから関係のある親戚なら、近況を報告し、こんなにも成長したよっ!という自分を表現しても喜ばれるかもしれませんね。

まとめ

いかがでしたか?

あまり深く悩まずに、自分らしい気持ちのこもった年賀状を送れば、きっと喜んでもらえます!

貰った年賀状を見ても、その人の人柄がよくでていますもんね!あなたの気持ちがグッと伝われば、お互いの関係性も深まり、気持ちのよい新年のスタートが切れるかもしれません。

是非、センスの光る素敵な一言を添えてみてください。

スポンサーリンク