年賀状の夫婦連名での書き方は?宛名や差出人のマナーまとめ!

hima64

皆様毎年年賀状は出されていますか?

最近では、年々年賀状の習慣も薄れてきて、携帯のメールで済ます方も多いかと思いまずがやっぱり年賀状は貰ったら嬉しいものですよね。

でも書き方について曖昧だったり、

特にご夫婦への宛名はどうしたらいいか?
子供がいる家族へはどうしたらいいか?
会社へ出す場合はどうしたらいいか?

など悩んでいらっしゃいませんか?

日頃お世話になっている方へ感謝の気持ちと新年の挨拶をするためのものなので、宛名の間違いをしないように年賀状の宛名の正しい書き方を紹介していきますね♡

スポンサーリンク

夫婦連名の差し出し人の書き方

結婚すると、差出人の住所も一緒に印刷された年賀ハガキで出してしまうことが多く、夫婦連名になりがちだとは思いますが、出す相手の方と自分の夫なり妻が全く接点のない場合は、個人名で出して構わないと思います。
その際、差出人を宛名面に書くのであれは、住所は省略せず都道府県から記入し、下の郵便番号の右から2つ目を中心に書くと綺麗に治りバランスが取れます。

友人夫婦に出す場合は夫婦連名で記入した方が良い?

これについても自分が出す相手との関係性によって変えていいと思います。

例えば友人が結婚していてもそのご主人との接点が全くない場合は、ご主人を省略して、友人の名だけで出しても失礼に当たらないと思います。ご主人と面識がある場合はもちろん連名で書きましょう。

hima4出典:http://nenga.cardbox.biz/blog

ご夫婦へ宛てて書く場合は、それぞれの名前に敬称をつけましょう。年賀太郎・花子様というように略してはいけません

世帯主のご主人を右に書き、その左に奥様の名前を書くのが常識です。

この時、奥様には苗字はいりません。そしてできれば「様」の字を揃えて書くようにしましょう。

ここで基本のマナーですが

・赤ペンを使って書かない
・修正テープや修正ペンを使用しない
・二重線を使って書き直しはしない
・名前は省略した文字ではなく、きちんと正しい漢字を使う。(例えば斎藤様なのか、齋藤様なのか)

もし間違えてしまった場合は新しいハガキを使いましょう。郵便局へ行けば書き損じたハガキは新しいものに交換してもらえます。上手に活用しましょう

子供がいる家庭の場合

子供がいる方へ差出人の書き方については、上記に従ったご夫婦の連名の後に、お子様の名前を続けて左に書きます。

hima5出典:http://nicota.jp/normal/

お子様の名前は特に面識がなければ『世帯主+〇〇家御一同様』と省略しても大丈夫ですが、会ったことのあるお子様であれば書いてあげるとご家族喜ばれますので、できれば書いてあげるといいですね。その際、小学生以下であれば『くん』や『ちゃん』づけでいいと思います。

また縦書きが良いか横書きが良いかですが、これは文面に揃えて書くのが一般的です。しかし、目上の方へ出す場合や上司や仕事関係の方に出す場合は縦書きの方が失礼になりません。その点も気をつけて書きましょう。

上司への宛名の書き方

まず上司は目上の方への書き方同様、縦書きを基本とし、『様』をつけます。自宅住所に出すのであれば役職名などはいりません。

ただし会社宛に出すのであれば、部署名も入れます。あまり関わりのない上司に出すのであれば、差出人のところにも自分の部署名などを入れるとわかってもらいやすいと思います。

取引先などの会社へ出す場合の書き方

書き方は縦書きが基本です。

通常同じ会社に複数お世話になってる方がいたとしても、連名では書きません。個人宛にそれぞれ書きましょう。

会社全体に書いてもいいのですが、見てもらえない可能性もあるので避けたほうが良いと思います。

もし会社全体へ向けて出す場合は、『◯◯会社 御中』会社名に『様』をつけないようにしましょう。必ず『御中』にします。

hima6出典:http://www.nenga-c.com/

会社の部署宛に出す場合

会社の部署宛に出す場合は、『◯◯会社 ◯◯部 御中』と書いて出します。

hima7出典:http://nicota.jp/normal/

取引先の個人宛に出す場合

取引先の個人宛に出す場合は、『◯◯会社◯◯部+肩書き+名前+様』となります。

hima8出典:http://www.nengajou.com/

この場合敬称は名前の後の『様』だけになります。間違って会社名の後に『御中』をつけないようにしましょう。部署名、肩書きは省略しないようにして書きましょう。

会社の個人宛に送る場合は名前を大きめ書くようにするのが基本です。

まとめ

いかがでしたか?

意外と知らないルールがあったかもしれませんね。

私は毎年元旦のポストを開けるのがとても楽しみなので、メールで新年の挨拶はあまり好きではありません。これからも手書きで年賀状は書いていくにあたり、最低限のマナーを知って良かったと思いました。温かみのある年賀状の習慣はどうか残って欲しいものです。

スポンサーリンク