妊娠中に飲酒の影響は?赤ちゃんのために絶対禁酒すべき理由!

妊娠するとお酒やカフェインなど飲んではいけないと言われていますよね。でも、その理由が何故なのかってご存知でしたか?「なんとなく身体に悪そう」位にしか思ってなかった方こそ、是非知ってもらいたい、胎児に与える影響についてご紹介します。

スポンサーリンク

妊娠中に飲酒!赤ちゃんにどんな影響があるの?

妊娠中に飲酒をすると、赤ちゃんにどんな影響があるのでしょうか?詳しくご説明します。

【お酒は絶対飲んだらダメなの?】

基本的には妊娠中のお酒は、お腹の赤ちゃんへのリスクを考えると、禁止されていることではあります。せっかく授かった命、大切にしたいですよね。

しかし、実際のところは妊娠初期なら1日にグラス1〜2杯程度、中期以降は1日1杯なら飲めるともいわれているので、少量であればお腹の赤ちゃんへの影響はないとみられています。

カフェインも同じ考えですが、お酒が大好きな人が突然飲めなくなったら、そのストレスは計り知れないですよね。我慢しすぎてストレスを溜めるのも、お腹の赤ちゃんにはよくありません。

少量のお酒でストレス発散したり、リラックス効果が得られるのであれば、飲むという選択もありなのかと思います。

但し、アルコールがお腹の赤ちゃんへ悪影響を及ぼすと言う事実も知った上で飲むこと!そして、どうしても飲みたい時は、事前に医師と相談してどれくらいの量まで飲めるのか等、具体的に聞いてみると良いでしょう。

【アルコールの胎児に与える影響とは?】

当然ですが、産婦人科医が妊娠中に積極的にお酒をすすめることはまずありません。アルコールが体内に入ると、胎盤を通って赤ちゃんに直接届いてしまうからです。

胎盤は、赤ちゃんとママの間にあるフィルターの働きをしますが、アルコールの場合、有害して除去されずにそのまま入ってしまうんです。

つまりお腹の赤ちゃんは、ママと一緒にお酒を飲んでいる事になってしまうんですよ。

以下が、アルコールがお腹の赤ちゃんへ与える影響です。ママになったのなら、しっかりとその危険性を知ることが大切です。

  • 未熟児や未発達児が産まれる
  • なんらかの障害を持って産まれる
  • 奇形児が産まれる
  • 胎児性アルコール症候群にかかる
  • 死産や流産のリスクが高まる

【「胎児性アルコール症候群」とは?】

現代の医学では、未だ治療法がないとされている「胎児性アルコール症候群」。その主な症状は下記のようなものです。

低体重、低身長の赤ちゃん
中枢神経系に異常をきたし、発達障害や行動障害を起こす
小頭症や耳の位置が低く反り返る、小さい目、低い鼻などの奇形児が産まれる

お酒の量の目安としては、ワイン175ml、日本酒グラス0.5杯、ビール350mlの場合1日6杯以上の飲酒で奇形児が産まれる確率が上がります。

さらに8杯以上飲むと胎児アルコール症候群の発症率が3〜5割アップするとも言われています。

但し、これはあくまで目安ですので、少量なら絶対大丈夫という保証はありません。何もなくても、お産は無事に産まれるまでは医師も予想がつかない程、何があるか分からないものです。

個人の代謝や体質にもよりますので、アルコールの摂取がどの程度赤ちゃんに影響を及ぼすのかは、明確に判断できるものではありません。健康な赤ちゃんを産みたいのであれば、飲まないに越したことはないでしょう。

とはいえ、タバコやお酒が好きな人は、妊娠したからといってすぐに辞められるものでもないかと思います。

もし、計画的に妊娠を考えている人は、妊娠する前からお酒を控えるようにしておくと良いでしょう。

私の知人で、お酒の大好きな女性がいました。休みの日は昼から家事をしながら飲み、夜も1人で飲み屋に行けちゃう様な人でしたが、不妊治療を始めるのをきっかけに、徐々にお酒を飲む回数を減らして行ったそうです。

妊娠できた頃には、パタリとお酒を辞められたそうです。赤ちゃんの事を考えたら、自然と禁酒出来たと言っていました。

「母は強し!」女性はお腹に赤ちゃんを宿した時から既にママになる準備を始められるんですね。素晴らしいなと思いました。因みにその方は、完全母乳で育てたので、授乳中も一切、お酒を口にしなかったそうです。

スポンサーリンク

妊娠中のお勧めの禁酒方法とは?

いつもお酒を飲んでいた習慣のある人の場合、そう簡単に禁酒は出来ませんよね。しかし、お腹の赤ちゃんの事を思って、なるべくストレスのかからない様に上手に禁酒することが大切です。ここでは、お勧めの禁酒方法をご紹介します。

1、夜は早く寝る!

夜遅くまで起きていると、お酒を飲みたくなる衝動に駆られてしまうので、なるべく早く寝ましょう。また、夜更かしをすると、小腹が空いて何か食べたくなってしまうので、体重管理が厳しい妊婦さんには良くありませんね。早寝早起きの習慣をつけましょう。

2、ご飯はきちんと食べる

もともとお酒が好きな人は、お酒を美味しく飲む為に、ご飯をあまり食べないという人もいるようです。体重管理が難しいので、食べすぎは良くないですが、ご飯はきちんと食べ、その後にお酒を…という気持ちにならないようにしましょう。

どうしても口寂しい時は、お菓子やフルーツ、ガムなどで満たしてもいいでしょうが、糖分の摂り過ぎには注意して下さい。

3、濃い味付けをやめる

お酒が飲みたくなるので、濃い味付けはしないように工夫しましょう。濃い味は、塩分摂り過ぎにもなるので、妊婦さんに良いことはありませんね。

4、旦那さんにも協力してもらう

旦那さんもお酒を飲む場合、冷蔵庫にストックしてあると、ついつい誘惑に負けてしまいます。出来れば旦那さんにも協力してもらい、お酒は自宅では飲まない、買わないようにしてもらいましょう。

しかし、飲み会から帰ってきた夫を見て「旦那だけ飲んでズルイ!」と思いたくなるので、旦那さんにも、必要最低限の飲み会だけ行ってもらい、節酒してもらうように話し合ってもいいかもしれませんね。

妊娠は女性だけの事ではありませんから、是非協力をお願いしましょう。

5、他の飲み物で気持ちを満たす

妊娠すると、アルコールもカフェイン飲料もNGなので、何かと規制が多い気がしますよね。

しかし、逆に普段飲まないようなノンカフェインドリンクなどを楽しむことが出来るので、お気に入りの物を見つけて飲むのもお勧めです。

ノンカフェインだと、ルイボスティーが1番お勧めです。サッパリとした味で、ハーブティーの中でもクセが無いので飲みやすいと思います。ローズヒップティーもビタミンが摂取出来るので美容にも良いですよ。

ハーブティーは、種類によっては子宮を収縮する作用のある物がある為、妊婦さんが飲んではいけない物もあります。購入する際は、気をつけて下さいね。

また、最近では色々な種類のミネラルウォーターが出ているので、これを機に楽しんでみるのもおすすめですが、硬水には気をつけて下さい。硬度の高い水というのは、マグネシウムやカルシウムなどのミネラルの含有量が多いため、デリケートな妊婦さんには下痢や便秘の原因になることがあります。

また、お腹の赤ちゃんは内臓機能が未発達なので、硬度の高いお水は腎臓に負担をかけてしまいます。出来るだけ、軟水または純水を飲むように心がけましょう。

ノンアルコール飲料は飲んでもいいの?

アルコールがダメならノンアルコールビールなら良いんじゃないかと思う妊婦さんも多いとは思いますが、実はノンアルコールビールと言ってもアルコールが1%未満入っているものもあるので、注意が必要です。

少量のアルコールなら…とも言えますが、先に話したとおり胎児性アルコール症候群を引き起こすリスクがゼロではないため、飲まないで我慢出来るならやめておいた方が無難でしょう。

麦茶に飽きた時に!ちょい足しアレンジ方法

妊婦さんに1番安心な飲み物といえば、ノンカフェインの麦茶。でも毎日こればかり飲んでいると、さすがに飽きますよね。

そこで、麦茶をアレンジした美味しい飲み方をご紹介します。意外な組み合わせもありますが、是非一度お試しください。

①カルピス麦茶

実は意外と合う組み合わせなんだそうです。カルピス1に対して麦茶4で割って飲んでください。ハマる人続出です(笑)

②麦茶牛乳

麦茶3に対して牛乳7と、砂糖を小さじ1程加えると、なんとコーヒー牛乳の味に早変わり!コーヒーが恋しくなったら是非飲んでみてください。

③レモン麦茶

グラス1杯の麦茶にレモン果汁小さじ1、ガムシロ1個を加えます。サッパリとした味なので、夏にぴったりの爽やかドリンクになります。

④ジンジャー麦茶

麦茶のティーバッグ1袋と粉末のしょうがを小さじ1、お湯400mlにお好みで蜂蜜大さじ1程度加えます。体の芯からポカポカになるので、風邪のひき始めや、寒い時期におすすめです。

⑤蜂蜜麦茶

コップ1杯の温かい麦茶を濃いめに入れ、小さじ1程の蜂蜜を加えると、まろやかな甘さのお茶になります。喉の痛い時などにもおすすめです。

まとめ

いかがでしたか?妊娠中のアルコール摂取については賛否ありますが、私は個人的には飲まない方が赤ちゃんの健康のためかと思います。

たとえ周りに飲酒していた妊婦さんが、健康な赤ちゃんを産んでいたとしても、それは確率の問題で、自分も同じだとは限りません。

もし健康を害した赤ちゃんが産まれてしまったら、赤ちゃんのその後の人生やママやパパの生活だって変わってしまうでしょう。どうか、目先のことに囚われず、先々のことも視野に入れて正しい判断をして下さい。

何かと制限の多い妊娠生活も長い人生においては、たった10ヶ月です。元気な可愛い赤ちゃんを迎える為にママとして出来ることをしましょう。

スポンサーリンク