お風呂の鏡の水垢&くもりを劇的に改善する掃除方法!快適バスタイム

お風呂の鏡水垢撃退

ほとんどの人が、毎日入るお風呂。このお風呂の時間が、1日の疲れを癒すリラックスタイムになっていることが、多いことでしょう。

気持ちよく入りたいこのお風呂で、鏡の水垢やくもりが気になることありませんか。

特に水垢に悩まれる方は多く、また、男性の方はお風呂でひげを剃る時に鏡がくもっていたらスムーズに作業できず、イラッとくることもあると思います。

そこで、今回は、水垢撃退とくもりの対処法についてオススメの方法をお伝えします。

スポンサーリンク

水垢とお風呂の鏡がくもる原因を知っておこう

みなさんはなぜ鏡に水垢が付くのか、なぜ鏡がくもるのか、このメカニズムはご存知でしょうか。この根本の原因を知ることで、これからの撃退&対策方法に非常に役に立ちます。

【水垢が付く原因】

鏡に付くうろこ状の水垢は、水が蒸発する際に水道水に含まれるカルシウムやケイ素などが残ることが原因で付きます。

うろこ状の水垢と言っても、実は2種類に分かれており、カルシウム塩によるものと、ケイ酸塩によるものとあります。

カルシウム塩による水垢は、アルカリ性の汚れなので酸性の洗剤で簡単に溶かして落とすことができます。

ケイ酸塩による水垢は、科学的な結合力がとても強く、時間が経てば経つほどより強い水垢へと変化していきます。

このケイ酸塩による水垢は、酢やクエン酸ラップなどをしてもまったく効果が見られません。

【鏡がくもる原因】

鏡がくもる原因は、鏡の表面に無数の水滴が付くことによります。お風呂は湯気が立ち込めるので、その水蒸気が鏡で急激に冷やされ結露します。

そして鏡に付いた水滴が光を乱反射することで、鏡がくもったように見えるわけです。

水垢撃退法

水垢は、カルシウム塩によるものとケイ酸塩によるものとで、対処法が変わってきます。

【簡単に落ちやすいカルシウム塩による汚れ】

クエン酸+ラップ
水200mlに対してクエン酸を小さじ1混ぜます。それを鏡へスプレーしてラップを貼り付けます。

1時間ほど置いて、その後ラップを剥がして、その剥がしたラップで軽く磨きます。全体を磨いたらシャワーで流し、水滴をきれいにふき取ります。

※鏡にくもり止め加工をしている場合のクエン酸の使用はNGですのでお気を付けください。

歯磨き粉
布に歯磨き粉をつけて、円を描くように優しくこすってください。全体を磨いたらシャワーで流し、水滴をきれいにふき取ります。

※歯磨き粉には細かい研磨剤が含まれています。

この研磨剤は粒子が小さいためクレンザーより傷が付きにくいですが、ゴシゴシとしてしまうと傷は付きますので注意しましょう。

【頑固な汚れケイ酸塩による汚れ】

上記のやり方で落ちないような頑固な水垢には、鏡専用のダイヤモンドパッドを使いましょう。鏡全体を水で濡らし、ダイヤモンドパットにも水を含ませて優しく丁寧に擦っていきます。

このダイヤモンドパッドは、汚れだけを研磨するように作られていて、目に見えての傷はつきません。

しかし、目に見えない傷はつきますので、そこをご了承の上お試しください。

※鏡にくもり止め加工をしている場合は使用できませんのでお気を付けください。

【傷を付けずに汚れを落としたい方には】

研磨するのはちょっと・・・でも水垢は落としたい。そんな方にはドライヤー+フェルトをオススメします。実際に、ハウスクリーニングのプロの方も実践しているやり方です。

フェルトを鏡に当て、その上からドライヤーで熱を加えます。そして、熱で浮いてきた汚れをそのフェルトで拭いていくという方法です。

これなら研磨することなく汚れを落とすことができます。しかし、ドライヤーを水場で使うというデメリットがありますので、必ずお風呂場が乾燥している状態でのご使用をお願いします。

お風呂の鏡のくもり対策は?

くもり止めの方法にはじゃがいものでんぷん質を塗るとか、水のりを塗る・シャンプーやリンスを塗るというのがよくありますが、これらの効果のありなしは差があります。

また、持続性という面でもちょっと力不足なのです。

水のりでも5日程度ですので、こまめにできる方はいいかもしれませんが、ある程度くもり止めの維持をしたい!そんな方には、鏡のくもり止めグッズをオススメします。

レック 塗りやすいくもり止めリキッド

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

塗りやすいくもり止め リキッド(80mL)[洗面用具 ぬりやすい曇り止め]
価格:938円(税込、送料別) (2016/11/19時点) 

こちらは鏡をよく洗い十分乾かした後に塗るだけです。効果は3か月程持つとされていますが、実際に使用した方は半年近く持続を実感したという口コミも。

長く確実な効果を実感したい方にはオススメです。

実践しやすい、水のりとシャンプーなどを塗る方法についてもお伝えします。

水のり

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ヤマト/E-NA-150/アラビックヤマトのり(液状)
価格:130円(税込、送料別) (2016/11/19時点)

きれいに拭いた鏡に水のりをまんべんなく塗ります。そしてシャワーでお湯をサッとかけた後に手で伸ばしていきます。最後にのりをふき取るだけです。5日程度持ちます。

シャンプー

シャンプーを少量手に取り、鏡に塗ってお湯で流すだけです。とても簡単に、お風呂であるものでできます。

シャンプーの成分で鏡に膜を張るのですが、持続性は無く一度の入浴だけのその場しのぎの方法です。

お風呂の鏡の日々のお手入れ

日々のちょっとした一手間で、鏡の水垢を防ぐことができます。一番簡単なのは、最後に入った人が、出る時に、スクイージーで鏡に付いた水滴を取ること。

そしてタオルで拭きあげることです。スクイージーがなくても、タオルで拭きあげるだけでも全然違います。

水垢の最大の原因は水滴なので、体を拭いたタオルでサッと拭いて、そのまま洗濯へ・・・とされている方もたくさんいらっしゃいます。

バスタオルで鏡を拭くのが抵抗のある人でしたら鏡用に乾いた雑巾を浴室の近くに置いておくと拭き忘れすることもないと思います。

無理なく続けるために、これらの方法はお手軽にできるお手入れ方法だと思います。

まとめ

いかがでしたか。ご自宅にあるもので十分撃退&対処できる方法がありました。これらの対処法でうまくご自宅の鏡の水垢が取れて、くもり止め対策もできるといいですね。

まずはくもり止めの前に、しっかりと鏡の水垢を取ってしまうことから始めてみてください。年末も近づいてきましたし、これで鏡の大掃除はばっちりですね!

ご参考になれば幸いです。

スポンサーリンク