結婚式のお車代の相場と渡すタイミングは?引き出物は必要か?

結婚式をあげる時、遠方から来てくださる親戚や友人たちにへのお車代。

いわゆる交通費をどうしたらいいか悩んでいらっしゃる方いませんか?

お金のことですし、デリケートなことなのでちょっと間違うとトラブルにもなりかねません。

お礼としてきちんとスマートに渡せる方法、相場はどのくらいなのか、今回調べてみました♡

スポンサーリンク

結婚式のお車代の相場は?

お車代は、

①招待した方が自宅から会場まで片道5000円以上かかる人に渡す

②交通費の片道分の金額相当を渡す

③会社社長や役員の方で挨拶をされた方、受付をしていただいた方に渡す

④宿泊代交通費合わせて2万円以上かかる方に渡す

⑤遠方から宿泊してこられる方には宿泊代を出す場合もあり

が基本のようです。

お車代をお渡しする場合は、『交通費の半額~全額』が相場とされています。

相手との関係性により金額が変動する場合が多いようですね。例えば、祝儀の額が多い上司などは気を使うので全額・・・など。

かなり遠方から来てくださるお客様には、交通費か宿泊費どちらを負担するのがいいのか事前に相談の上決めると良いと思います。

その際お車代は受付でお渡しするか、親が顔見知りの場合は親に挨拶と一緒に式中にしてもらうと良いでしょう。

ここで招待客の間で不公平にならないように気を遣いましょう。

お車代を渡すタイミング

主賓の挨拶や乾杯の発声をお願いした方には、受付後、挨拶を頼んだほうの親から挨拶を兼ねてこっそりと渡してもらいます。

往復のハイヤーなどを手配したのであれば、お車代は必要ありません。

お車代の準備

①式の1週間前くらいにはお車代を渡す人のリストを作成する。

②誰が誰に渡すのか、当日きちんと渡せてるかも把握する

③新札を必要な分用意する

④のし袋、またはポチ袋を多めに用意しておく

⑤筆で表書きをする

⑥前日までに全て揃えておく

結婚式当日はとにかく新郎新婦は忙しくバタバタとするので、お車代を渡し忘れなどのうっかりミスがないように渡してもらう受付や両親にきちんと最終確認をしておきましょう。

お車代の渡す相手に引き出物は?

お車代を出すからと言って引き出物は出さなくていいのかといったら、そんなことはありません。

引き出物というのは、結婚式に出席していただいたことへのお礼ですので、全く別のものです。

お車代を出しても、常識として引き出物は必ずお渡しするべきです。

スポンサーリンク

格安チケットなどは購入して渡すのは?

基本的に遠方から飛行機や新幹線で来てくださるお客様には、事前にどういう交通手段で来てくださるのかという質問を事前にしましょう。

その上で『全額はお出しできませんが、〜万円はこちらで負担しますので是非来て欲しい』という旨を伝えましょう。

しかし、事前に格安チケットなどを手配してしまうと相手に余計な気遣い(ご祝儀の金額をあげるべきなのか、など)をさせてしまうこともありますので、注意が必要です。

また格安チケットを渡すつもりで購入しても、相手が車で来る場合もあります。

チケットよりも現金のが面倒なことにはならないはずです。

遠方からお呼びしたい方へは、招待状を出す前に『片道料金、宿泊代費をこちらで負担いたしますが、いかがでしょうか』という旨を伝えて、その上で返事をもらうとスムーズかもしれません。

自分はあまり交流のない親戚などのお車代は、両親に相談して失礼のないように気をつけるのがいいでしょう。

まとめ

お車代はかなりデリケートなことです。

事前の準備や手配をしっかりして、失礼のないように注意しましょう。両親や経験した友人などの話も参考にすると良いと思います。

お互い気持ちよく、結婚式を迎えられるようにするのが大切ですね。

スポンサーリンク