お歳暮の時期はいつから?スマートに贈り好印象もお届けしよう!

お歳暮の時期はいつから?

みなさまはお中元、お歳暮は贈っていらっしゃいますか?

実は私が働いていた会社も主人の会社もそういう習慣がなかったので、実はあまりよくわかっていませんでした。

でも、そういう習慣がある方はもちろんいらっしゃいますよね。

そこでお歳暮の時期や意味を今回は調べてみました。

スポンサーリンク

お歳暮の由来は

まず『お歳暮とは何か』ということですが、その言葉は『年の暮れ』という意味です。

由来は、今は年の暮れに、今年お世話になった方や取引先、上司などに贈ることが一般的ですが、元々は先祖や神を祀る際の供物を用意する行為や供物を持ち寄る行為だったと言われています。

その後、江戸時代頃に商人が得意先に物を贈ったり、分家が本家に挨拶の品を贈ったりする行為に変わっていったと言われています。

そして現代はお世話になった人に贈り物を持って回る『歳暮回り(せいぼまわり)』の習慣が定着化した物と言われています。

最近では、お世話になった方や上司、取引先以外に仲のいい友人や親戚など身近な人にも気軽な感じで贈ることもあるそうです。

お歳暮を送る時期はいつが良いのか?

さて、歳暮とはいつ贈ればいいのでしょう?地域や贈るものの内容によっても変わるそうですが、一般的に関東は12月初旬から12月31日まで。

関西では12月13日から12月31日までとされているそうです。しかし、関東は最近では年々早く贈る傾向があり12月上旬くらいに届くのが目安なようです。

関西関東どちらにしても、年末年始はお出かけされて不在になる方も多いでしょうから、12月20日くらいまでに届くように贈る方が、相手の忙しい時期を避けられるので好ましいようです

しかし生鮮食品、例えば荒巻鮭や数の子などはお正月に食べていただけるよう年末ギリギリに贈る方がいいでしょう。

もし年内に間に合わなかった場合ですが、関東では1月7日の松の内までに、関西では15日までに『御年賀』として贈ります。

さらに間に合わなかった場合は、松の日が過ぎてから2月4日の立春までに『寒中見舞』『寒中御伺』として贈ればいいそうです。

相手先が喪中の場合は松の日を過ぎた後に『寒中御見舞』として贈ります。

お歳暮はどんな物を贈ればいいか?

では送り先を決めたら、どんな物を贈ればいいか迷いますよね。

まず、平均的な金額ですが、日頃どれだけお世話になってるかを考えて品物を選ぶのが一般的なようです。

特にお世話になってる方へは5000円〜1万円程度、仲人や上司へは5000円前後、友人や親戚へは3000円から4000円が目安なようです。

金額はあくまで目安なので、贈る相手の方の年齢や好みに合わせて変えるのがいいかもしれません。

贈るものの内容も、相手が何をもらって喜ぶかを一番に考えて、さらに家族構成など考慮するのがいいでしょう。

食品であれば季節感があり、賞味期限が長く、日持ちのするものがおすすめです。
長く使ってもらうために洗剤やタオルなどを贈るのもいいでしょう。

逆に贈り物で気をつけたいことは、

・相手の嫌いなもの、アレルギーのものを贈らない。
・上司の場合は踏みつけるを連想するスリッパや敷物を避ける。
・上司や目上の人に現金や金券を贈らない。
・香典返しによく使われる海苔やお茶を避ける。

ということを気をつければ良いでしょう。

お歳暮を受け取った場合は?

もしお歳暮を受け取ったなら、必ずお礼状を出しましょう。
お返しは必ずしなくてはいけないということはないようですが、贈る場合は『寒中御見舞』として贈るのが良いでしょう。

まとめ

いかがでしたか?お歳暮のマナーややってはいけないことなど結構決まりごとがあるのですね。

最近ではお歳暮もカジュアル化してきて友人同士で贈ったりすることもあるようなので、機会があれば私も気をつけて贈らないとと勉強になりました。

お歳暮は1回限りではなく同じ相手へ続けていくものなので、誰に何を贈ったのかもメモして残しておくのが良さそうですね。

スポンサーリンク