洗濯乾燥機の電気代節約術!乾燥時間を短縮して安くするコツは?

冬場や、梅雨の時期など、なかなか洗濯物が乾かなくて困りますよね。せっかくきれいに洗濯したのに、生乾きになってしまって、洗濯物から嫌な臭いがして、もう一度洗濯する羽目になった…なんてこともよくありますよね。

そこで便利なのが、乾燥機つきの洗濯機!なかなか洗濯物が乾かない時期は、主婦にとって強い味方です。でも、やっぱり気になるのが電気代ですよね。

一体どうしたら、乾燥時間を短縮させ、電気代を節約することができるのでしょうか。

今回は、洗濯機のタイプ別メリット・デメリットなども併せてご紹介します。

スポンサーリンク

洗濯乾燥機の種類とは?

①縦型洗濯乾燥機ヒーター乾燥式(水冷・除湿タイプ)

冷却水を使って、湿気を含んだ温風を除湿するタイプ。乾燥する際に発生する水蒸気を見ずに戻して外に排出します。

【メリット】

  • 乾燥する際に冷却水を使うため、乾燥時に周囲が熱くなりにくい

【デメリット】

  • ヒーターで温度を上げるため、ヒートポンプ方式よりも電気代がかかる
  • 約100度の熱風乾燥なので、衣類が傷みやすい(縮みやすい)
  • 乾燥中は、機内の温度が高いため、フタが開けられないようになっている

②縦型洗濯乾燥機ヒーター乾燥式(排気タイプ)

空気中に湿気を排出して乾燥するタイプ。

【メリット】

  • 乾燥時に冷却水を使わない

【デメリット】

  • 約70度の温風で乾燥するため衣類が傷みやすい
  • ヒーターで温度を上昇させるため、ヒートポンプ式よりも電気代がかかる
  • 乾燥時、周囲に熱気がこもりやすい

③ドラム式 ヒートポンプ乾燥方式

ヒートポンプで、湿気を含んだ空気を除湿し、機外へ排水する方式。

【メリット】

  • 約65度の低温乾燥のため、衣類の縮みが少ない
  • 温度が上昇しすぎないため、乾燥中でもフタが開けられる
  • 乾燥時に冷却水を使わない
  • 乾燥運転中、熱がこもりにくい
  • ヒーター方式よりも効率よく乾燥させるので、電気代がかからない

④ドラム式 ヒーター乾燥方式(水冷・除湿タイプ)

冷却水を使って湿気を含んだ温風を除湿させる。乾燥の際に出る水蒸気を水に戻して機外へ排出する。

【メリット】

  • 乾燥運転中、熱がこもりにくい

【デメリット】

  • ヒーターで温度を上げるため、ヒートポンプ式よりも電気代がかかる
  • 約100度の温風で乾燥させるため、衣類が傷みやすい
  • 機内の温度が高いため、乾燥中はフタを開けられない
  • 乾燥時に冷却水を使う

主に、洗濯機はドラム式と縦型がありますが、縦型は横回転の遠心力で、衣類に温風を当てて乾かしますので、時間がかかり、ドラム式に比べるとシワになりやすいとされています。

ドラム式の場合は、衣類を上下に回転させる際に、温風を当てて乾かすため、衣類が機内に張り付くこともなく、縦型に比べてシワになりにくいとされています。

乾燥という観点から比較すると、ドラム式のヒートポンプ式が一番乾燥に優れている洗濯機と言えるでしょう。

洗濯乾燥機の節約

洗濯乾燥機の種類別電気代目安

※1kwh当たり電気量単価27円で計算した場合…

●縦型ヒーター乾燥方式(洗濯容量10kg/乾燥容量5kg):49.95円(1850wh/185分)

●ドラム型ヒーター乾燥方式(洗濯容量10kg/乾燥容量6kg):50.76円(1880wh/150分)

●ドラム型ヒートポンプ乾燥方式(洗濯容量9kg/乾燥容量6kg):15.93円(590wh/145分)

やはり、電気代だけでみても、ドラム型ヒートポンプ乾燥方式がダントツで電気代が安いことがわかりますよね。ここまで違うと、買い直したくなるほどです…。

スポンサーリンク

乾燥時間を短縮して電気代を安くするコツは?

①脱水をよくしてから乾燥機を使う

脱水の時間を長くし、しっかりと水気を切ってから乾燥すると、乾燥時間がグンと短くなり、電気代の節約になります。

②電気料金プランを見直す

例えば、日中仕事や学校などで、家にいない人は、昼間の電気代が割高になるプランにし、夜の電気代を安くするプランに変更します。

そのうえで、夜に衣類乾燥機を稼働させれば、電気代が大幅に節約することが出来るでしょう。

他にも、電力自由化の流れで各会社が打ち出している料金プランを比較し、自分たちの生活スタイルに合った料金プランに見直すと、節約につながるかもしれません。

電気代が高くて気になる人は、一度検討してみることをおすすめします。

但し、マンションなどの集合住宅にお住いの方は、マンション全体で電気会社と契約している場合もあり、個人で変更することが不可能な場合もありますので、確認してから行うと良いでしょう。

③乾燥時間を少なくする

乾燥機にかける時間を短くし、あとは部屋干しで扇風機を当てるという方法も節約になります。ある程度、乾燥機で乾けば、あとは扇風機の風を当てた方がランニングコストは抑えられるんです。

また、浴室に乾燥機が付いている方は、浴室に干してもいいかもしれません。

バスタオルや厚手のトレーナーなど、乾きにくい物だけ乾燥機にかけるというのもありですよね。

まとめ

いかがでしたか?小さなお子さんがいるご家庭は、洗濯機を回す回数も増え、天気が良くても悪くても、洗濯しなければならなかったりするため、乾燥機が使えるのは大変便利ですよね。

でも、気になるのは電気代。年々電気代が上昇するため、やはり少しでも節約出来たら嬉しいですよね。

これから洗濯機を買い替えようかと考えている人は、電気代や水道代がより節約できるものを選ぶことをおすすめします。

皆さんも是非、乾燥機を上手に利用して、節電しながら時短家事を心掛けてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク