節分の豆まきの作法は?由来や意味を子供に正しく伝えたい!

2月3日と言えば、誰もが知っている「節分」です!

みなさんは節分と言うとどのようなイメージを持っていますか。きっと、家族や幼稚園・学校、また地域のイベントなどで、みんなで楽しくワイワイとするイメージではないかと思います。

みんなでワイワイとやる節分ももちろん楽しいですが、きちんと正しい作法に乗っ取ってするやり方があり、意味があるということ覚えておくと、お子さんにも説明しやすいので、知っておくといいかもしれません!

では本来の節分のやり方というものについて、これからお話しいていきたいと思います♡

スポンサーリンク

節分の始まり

節分は中国古来からある追儺(ついな)という儀式から来ています。

この追儺とは、役や病気などを鬼の仕業と考え、それを払う儀式です。

日本では奈良時代に大流行した疫病を払うために宮中で行った追儺が始まりと言われています。

今のように「鬼は外、福は内」と豆まきをするようになったのは室町時代からで、江戸時代に庶民の間でも広く行われるようになったそうです。

節分はなぜ2月3日なの?

もともと節分とはその名の通り「季節を分ける=季節の変わり目」という意味から来ていて、立春・立夏・立秋・立冬の季節の始まりの前日を節分としていたのです。

この中でも立春は1年の始まりと考えられていて、その前日に当たる2月3日(大晦日)に行うことによって素晴らしい春を迎えようというところから2月3日だけが残ったのではないかと言われています。

豆まきのやり方

まず節分で使う豆ですが、必ず炒った豆を使います。

なぜ炒った豆かと言うと、まいた豆を拾い忘れて、その豆から芽が出ることが縁起悪いとされているからです。他にも鬼を「射る」=「炒る」に通じさせたのではないかとも考えられています。

豆まきの正しいやり方

1.節分は陽が沈む時間から始めます。この時、豆をまくのは家長か年男とされています。その他の人は掛け声のみです。

2.炒った豆(福豆と呼びます)を升に入れて、豆まきをする直前まで神棚にお供えをします。(神棚がない場合は目線より高い位置で、白い紙に乗せてお供えをします。)

3.家の奥から順番に、外に向かって「鬼は外」と掛け声をして2回豆をまき、すぐに窓を閉めます。そして家の中に「福は内」と2回豆をまきます。この時、奥の部屋から始めて最後は玄関の方へ鬼を追い出すようにしていきます。

4.そして最後に自分の年の数+1つ多く豆を食べます。これで1年の厄除けを願うのです。(地域によっては満年齢で食べたり、2つ多く食べたりもします。)

この食べる豆の数が多い場合は、ちょっと大変なので福茶にして飲んでもいいですね!

福茶とは、福豆と昆布と梅干をじっくりと煮込んで味を出したものです。簡単に湯呑にお湯を入れての方法でも大丈夫です。このやり方だと、たくさん食べないといけない人もきちんと厄除けができますよね。

スポンサーリンク

地域で違う節分の特徴

先ほど、「鬼は外、福は内」の掛け声と共に豆まきをするとお話ししましたが、地域によってそれぞれ豆まきにも違った形があります。面白いので紹介しますね。

群馬県の鬼石地域では、「鬼は外、福は内」ではなくて「福は内、鬼は内」と鬼も招き入れる形を取っています。これは、鬼が投げた石でできた町と言われているこの地域では、いい鬼もいるとされているからです。

同じような掛け声は、奈良県の天河神社・元興寺・金峯山寺蔵王堂、東京都の稲荷鬼王神社、宮城県の村田町でもしているようです。

「福は内」しか言わないところや「福は内、悪魔外」と言う所、「福は内、鬼は内、悪魔外」と言う所もあるそうです。

一言に節分の掛け声と言っても、こんなに違いが地域であるなんておもしろいですよね。

まとめ

いかがでしたか。今まで慣れ親しんできた節分の流れと違う流れだったのではないでしょうか。今ではこの正式な流れをご家庭でされているところは少ないと思います。

それぞれのご家庭での楽しみ方も一つのやり方でいいと思いますが、このように正式な方法もあるということを頭の隅に入れていただけると、これからも日本の伝統行事として受け継いでいけるのではないかと思っています。

話は変わりますが、2017年の年男・年女のみなさん、お近くの神社での節分行事に参加してみてはいかがでしょうか!年男・年女だからこそ投げられる福豆で、しっかりと厄を払ってください。

スポンサーリンク