節分に縁起の良い食べ物と2017年の恵方は?運気は胃袋でつかめ!

節分の時は決まって皆さん「恵方巻」を食べませんか?

私の家も毎年恵方巻です。

でも地域によって他にも縁起のいい食べ物があり、また恵方巻に飽きてしまった!

そんな方にも恵方巻に代わる食べ物をご紹介したいと思います♡

スポンサーリンク

恵方巻を食べる意味

恵方巻って自然と私たちの生活に溶け込んでいるけど・・・そもそもなんで恵方巻を食べないといけないの?疑問ですよね。

もともと太巻きには7種類の具材を使うとされていて、これは七福神の7に由来していると言われています。

その福を海苔で巻き込んだ太巻きを恵方を向いて食べると、商売繁盛や無病息災をもたらすと伝えられています。

恵方巻と言われだして定着したのも、元はセブンイレブンの広告からだったそうです。

それまでは「節分の巻き寿司」「幸運の巻き寿司」「丸かぶり寿司」と言われていたので、セブンイレブンが名付け親ですよね!(企業努力。笑)

恵方巻に代わる縁起のいい食べ物

恵方巻以外で節分に食べると良いとされている食べ物で有名なのが「いわし」ですね。

邪気を払うには、「臭い匂いのもの」「とがったもの」とされているので、ひいらぎの枝に、焼いたいわしの頭をぶっさして玄関のドアの部分に置いて、鬼の侵入を防ぐ風習があるそうです。

↑尖っている柊 (ひいらぎ) の葉

私が鬼なら、間違いなくいわしよりもクサヤを置いてある家の方が入りたくありませんが・・・。クサヤのほうが効果抜群な気がする(笑)

いわし以外にも、そば・くじら・こんにゃく・豆腐・かながしらなどが縁起がいいとされています。。

「そば」は元々節分は大晦日でしたので、そこからきているのではないかと言われていて、長寿と健康祈願・金運アップや災厄を切り捨てるという意味があります。

「くじら」は大きい生物であることから人としての成長や大きな幸せを呼ぶ効果があると言われています。主にくじらを節分に食べるのは山口県だそうです。

「こんにゃく」は整腸作用があるということで、邪気を体外に排出するという意味があるそうです。四国地方で始まった風習と言われています。

「豆腐」は古来から白い豆腐は邪気を払うと言われてきたそうです。その白い豆腐に、お醤油ではなく「藻塩」をかけて食べると邪気を払うとされています。

「かながしら」は漢字で「金頭」と書くので縁起ものです。私の住んでいる地域では節分に食べていて、別名「ガッツ」といいますが、その見た目が真っ赤な頭と二本の上あごが鬼のように見えます。

2017年の恵方は?

2017年の恵方は「北北西」です。

恵方である方向を向いて、お願い事をしながら無言で一本の太巻きを食べきると縁起がいいんですよね。

でも子供に太巻きというのは、なかなか厳しいです。そんな時は恵方巻スイーツの出番です!

 

ん~美味しそう♡

女性や子供に人気がある恵方巻スイーツ!

恵方と言うのは七福神の縁起物でしたよね。それを思うとスイーツは・・・7種類入っていないと言うことにはなりますが、形は似ているし雰囲気を楽しむという意味では子供にも優しいですよね。そしてスイーツ好きにも嬉しいです!

こういう時にしか、食べる機会がない形なので、恵方巻きを食べたあとのシメのお菓子としてもいいですよね♡

まとめ

いかがでしたか。節分に食べる縁起物というのは、それぞれに意味がありましたね。昔からゲンを担いで行ってきた行事というのがよくわかりました。

今では節分の形も多様化し、それぞれのライフスタイルに合うように変化してきています。昔からの風習を楽しむのもいいですし、自分たちのスタイルに合った形で節分を楽しむのもいいですね。

でも私は個人的に恵方巻を丸かじりするのが大好きです。どうしても途中で笑ってしまったりで無言で食べることができないのですが・・・・。

みなさんもそれぞれで楽しく節分でゲン担ぎしてくださいね!

スポンサーリンク