七五三の髪型で3歳の女の子の簡単セット方法!自宅で可愛く

七五三3歳の女の子 髪型

子供が誕生するとお食い初め、初節句、お誕生日などのイベントが次から次へとやってきますが、女の子が生まれたなら、やはり最初の大きなイベントは3歳の七五三ではないでしょうか。

髪の毛の少ない子や、なかなか髪の毛が伸びない子を持つお母様方が『七五三の3歳までにのびるかしら?』と口にしたり、聞いたりしたことありませんか?そのくらい七五三の髪型は女の子の親としては気になるものです。

最近では色々なスタイルでお祝いをするので、写真館へ行ったり、人気のハウススタジを何ヶ月も前から予約したりとおじいちゃんおばあちゃんを交えての大イベントとなってるご家庭も少なくないと思います。

なので、そこで着付けからヘアメイクまでばっちりされる場合もあるとは思いますが、今回はママがおうちでできそうな髪型のセット方法を紹介したいと思います。へアレンジをママができれば、結構かかる費用も少し抑えられますよね。

3歳はオシャレに目覚め始める年頃とはいえ、なかなかじっとしてませんし、普段慣れない着物にヘアメイクで疲れて、せっかくの写真でいいお顔ができないと台無しです。

そこでおうちで簡単にできるというものをいくつか取り上げてみました。

スポンサーリンク

七五三で3歳の女の子に簡単にできる髪型

3歳はまだまだふわっとした髪質で、量も少なく短い髪の毛の子も多いはずです。3歳までは切らずに伸ばすという親御さんも多いとは思いますが、なかなか伸びなかったり、普段の生活を楽にしたいと短くされてるお子さまも少なくありません。

ですので、今回は髪のがロングの子、ショートの子の2パターンに分けて紹介させていただきます。

まずはロングヘアーの子。
・3歳は、3歳の時にしかできないガーリースタイルで柔らかい雰囲気を残すのがポイントのようです。ツインテールだと和装にも洋装にもアレンジしやすいので、便利なヘアアレンジですね。

・日本髪もロングなら結えます。ちょっと難しいですが慣れてしまえばできそう。しっかりアップしてきっちりヘアスプレーなどで整えるのが基本のようです。

ショートヘアのお子様は思い切っておかっぱスタイルにしてみたり、サイドを髪飾りをつけるだけでも可愛いですし、アップスタイルの場合は、付け毛やウイッグやエクステで長さを出す方法も取り入れることもできます。
♦簡単にでいる髪型のやり方
ロングヘアーのお子様であればアレンジの幅は広がりますね。今回はロングヘアならではの日本髪のやり方を紹介したいと思います。

ロングヘアの日本髪の結い方(前髪も長い場合です)

①左右の耳の後ろあたりから両サイド、後ろと3つのブロック分けをします。
②サイドの髪の毛から前髪を作ります。前髪を下ろしたら、だいたい両目の黒目の真ん中あたりから取り、表面に出る部分をとかして後ろに向かって緩めに結んでおきます。
③ブロック分けした後ろの部分に残した髪をまとめて、高い位置でポニーテールにします。
④②で結んだ前髪をふっくらさせてピンで留めます。
⑤残ったサイドの髪をねじりながらポニーテールの結び目に向けてピンで留めます。
⑥毛束のあつまりを1束にするため、ゴムでくくります。
⑦この毛束を三つ編みにしてくるっと巻いてシニヨンを作り完成です。
ショートのお子様のアップスタイルは、

①まず全体的に水をつけてブラシで髪を整えながら、頭の中心に毛束をまとめます。
②中心に毛束のしっぽを作ったら、スプレーを髪の表面にかけ整えます。
③結び目の下の部分の髪は崩れてこないように多めのピンでしっかり固定します。
④中央の毛束に市販の付け毛をつけて、地毛となじませピンで固定します。
⑤最後に髪飾りをつけて完成です。

スポンサーリンク

七五三で3歳の女の子に髪の毛が少なくてもできる髪型

最近では100円ショップなどで付け毛も販売しているようです。お団子ヘアにしてクリップで留めるだけでもだいぶ雰囲気が変わりそうですね。

カーラーで巻いて髪の毛にボリュームを持たせるのも簡単な方法です。ハーフアップにして下ろした髪をカーラーやコテで巻くだけでもぐっと華やかな雰囲気がでます。

ショートでも比較的ツインテールはしやすいようです。

まとめ

現在6歳の娘を持つ私自身も、娘が3歳の七五三はとても嬉しくて感慨深いイベントの1つでした。着物も、ヘアメイクももちろん初めてのことで、どうなるかと心配しましたが3歳でも女子で可愛くしてもらうことに喜びを感じ、プロの方にやっていただくことはできました。

だけど、やはり慣れないことにすぐ嫌になってしまい、着物から洋服へすぐに着替えたがりました。髪の毛も崩したいけど、全部崩すのは嫌だという難しいお年頃。和洋で対応できるツインテールはおすすめでした。

今回ご紹介した髪型、七五三だけでなく夏の浴衣姿にも活用できそうなので、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク