七五三の母親の服装は?ワンピースのおすすめと色にも注意を!

七五三に母親の服装

お子様の晴れ舞台ともいえる、七五三。

可愛い子供の衣装選びに夢中で、すっかりママの服装選びを忘れていませんか?

一生に残る記念写真も撮りますから、素敵な家族写真にしたいですよね。

そこで、今回は、七五三の母親の服装やマナー、髪型などについてご紹介していこうと思います。

スポンサーリンク

七五三のお参りでの母親の服装マナーは?

一般的には、これといった厳しい決まりは有りませんが、儀式の1つであるお参りに行くわけですから、TPOに合わせた服装をすることが求められる場面でもあります。

お子様に合わせて着物の方もいますし、スーツやワンピースなど洋装の方も大勢います。

小さなお子さんと一緒ですから、着物に慣れていないママは、動きやすい洋装がおススメです。

但し、当たり前ですが、お子さんより目立った服装をしたり、父親とのバランスがおかしいと、家族写真もアンバランスになりますからご注意くださいね。

また、スーツやワンピースと言っても、派手で華美なものやスカートの丈が短かったり、露出の多いものはNGです!

最近では、早めに七五三を行う方もいらっしゃいますが、一般的には秋に行いますよね。

なので、必ずジャケット着用で、スカートの丈は膝丈くらい。

履き物もサンダルなどではなく、シンプルなパンプスがベストです。

また、生足も当然NGですのでベージュのストッキングを着用しましょう。

パンツスーツは?という疑問を持たれる方もいらっしゃいますが、基本的にはスカートの方がよりフォーマルな印象ですね。

パンツスーツの方が、小さな子供相手に動きやすい!などの事情があれば、問題はないかとは思いますが、まだまだスカートのほうが一般的かなと思います。

神様に、子供の成長のお礼参りをしに行くわけですから、きちんとした格好が好ましいということですね!

どんな色の服装がいいの?

ブラックスーツですと、ちょっと暗めな印象ですから、あまりお勧めはしません。

どうしても…という方は、華やかなコサージュを胸元に付けるなど、工夫されるとイイと思います!

大体は、ネイビー、ベージュ、グレーのスーツが多いようです。入園式のスーツをイメージされると分かりやすいかなと思います。

ネイビーなど濃い目のスーツにされる場合も、やはりコサージュやパールのネックレスを着用するなどして、華やかさを出すといいですね。

または、靴の色を明るめにするなど工夫するとイイと思いますよ!

おススメのワンピース・スーツをご紹介!

こちらでは通販でも購入することができる、おすすめのワンピースをご紹介したいと思います。

ぜひ七五三のときのコーディネートの参考にしていただければと思います。

①ツイード素材のスーツ

明るめのグレーなどのツイードスーツなら、お祝いの服装にピッタリ。女性らしさも出て、なんといってもおしゃれですよね!

②ノーカラージャケットとワンピースのスーツ

バイピングのデザインが素敵なジャケットに、フェイク襟のデザインが可愛いワンピース!ジャケットを脱いでもカワイイですよね。

③ノーカラージャケットとボーダーワンピース

さりげないボーダー柄のワンピースに、明るめのジャケットを羽織ることで、華やかさが増しますね。シンプルながらも素敵です!

どのデザインも、七五三だけではなく入園式などにも着まわせるようなデザインになっているものが多いです。

今後のことを考えたら、使いやすいものを一着持っておくといざというときに困りませんね。

髪型やアクセサリーは?

こちらも特に決まりはありませんが、フォーマルな服装をしている以上、髪型もきれいにセットしておきたいものです。

ロングヘアの方は、まとめ髪にするか、ハーフアップなどできちんと感を出しましょう。

その際、あまり盛りすぎると派手になってしまうので、気を付けてくださいね。笑

ミドルからショートスタイルの方は、ピンなどで留めてだらしなくないようにまとめるなどするとイイと思います。

最近は、カワイイヘアアクセサリーも多いですから、アレンジしやすいかもしれませんね。

ただし、こちらもあまり派手すぎるのはNG。シンプルめのものでまとめましょうね。

アクセサリーは、やっぱりパールが一番ですかね!

ひとつ持っていると、冠婚葬祭すべてに着用できるので便利ですよ。もし、まだお持ちでないという方は、この機会に是非、購入してみてはいかがでしょうか?

ピアスやイヤリングも同じパールで合わせると統一感が出ますよ。

バッグは、小さめのハンドバッグが良いですね。

服装に合わせて、色もベージュ系や黒系などが良いかと思います。

まとめ

いかがでしたか?

ポイントは、あまり派手すぎず、地味過ぎないこと!

家族でバランスの取れた服装であること!

そして、お参りのマナーをしっかり考慮して選ぶこと!

せっかくの記念日です。

ご家族にとって、素敵な日となるようにしっかりと準備したいですね。

スポンサーリンク