七五三2016年はいつ?男の子と女の子で違うお祝いの年齢とは?

七五三

可愛い我が子の成長を楽しみながら、また、格闘しながらの毎日の子育て。

気がつけば、七五三のことを考えないといけない時期に入ってきたのではないですか?

2016年の七五三は、11月15日の火曜日となっています。

といっても、近年は忙しい方も多く、お参りシーズンの土・日・祝日を利用されて、お参りに来る親子でいっぱいです。

特に、大安と重なる11月13日(日)が、お参りのピークになりそうですね。

神社や写真館・レンタル衣装店やホテルなど、お祝いに関わる場所は、どこも混雑が予想されます。

それに合わすように近年では、混雑を分散させるために9月末から10月にかけて「早割」のプランがあるホテルや写真館なども増えているようです!

お参りの後、家族や親戚でお食事会などを予定されている方は、早めの予約がスムーズにことを運べるのではないでしょうか?

高齢の祖父母もご一緒に参加されるのならより一層ですね。

また、最近ではあまり六曜(大安や仏滅など)を気にされない家族も増えています。

ですが、おじいちゃんおばあちゃんのくらいの世代ですと、まだまだゲン担ぎを大切にされていらっしゃることもありますので、思わぬトラブルを招かぬよう極力、仏滅と赤口は避けておくのが無難ではあります。

なので10月、11月のカレンダーを参考に、早めのお参りプランを検討されるのも良いことだと思います。

スポンサーリンク

七五三の起源は?そもそもどんな祝い事?

そもそも、七五三って何?というママやパパもいるのではないでしょうか?

いまさら恥ずかしくて聞けない!子供に聞かれたら何て答えよう!?

そんな方のために、今回は七五三の起源や由来についてご紹介します。

七五三の起源は、室町時代と言われ、江戸時代に徳川綱吉が、長男の健康を願い、祈祷を捧げたのが始まりと言われています。以降、武家社会を中心に関東から全国へ広まったそうです。

当時は、乳幼児の死亡率が高く、生まれてから3~4年経ってからはじめて戸籍登録をしたほどだったそうです。

そのため、七五三は、今まで無事に成長してくれたことへの感謝と、これからの将来と長寿を願ってお祝いするという意味があるそうです。

子供の成長と幸せを、神様にお祈りし、感謝をするという行事なんですね。今も昔も、子を想う親の気持ちは変わらないですね。

七五三の意味は?男の子と女の子のお祝いの年齢は?

 

七五三は、男の子と女の子とでは、お祝いの年齢が異なります。

男の子は、3歳と5歳。(最近では、5歳だけお祝いする人も多い)

女の子は、3歳と7歳。

それぞれにはちゃーんと意味があるんですよ!

3歳… 男女ともに髪を伸ばし始める「髪置き」

5歳… 男の衣服である袴を着る 「袴着」

7歳… 女の子の着物帯に装い始め「帯解き

3歳で言葉を理解するようになり、5歳で知恵がつき、7歳で乳歯が生え変わるといった発育の節目でもあることから、お祝いをするようになりました。

お祝いの仕方は、最近ではその家族の考え方次第で、そこまで正式なルールはないようです。

一般的には、家族で写真撮影をし、神社で参拝、その後、家族で食事をするスタイルが多いですね。

神社でお祓いを受け、祝詞をあげてもらうのが一般的ですが、別にお祓いをしてもらわなくてもOKです。

どのくらいの規模で、いくらかけるかは、その家庭で異なりますので、どのようにお祝いしても構いません。

お子さんの成長を祝う気持ちが大事かと思います。

最近では、色々な写真館で着物だけでなく様々な衣装を着て写真を撮るご家族も増えていて、肝心の参拝をしないという方もいますが、個人的には、写真撮影だけでなく、きちんと参拝することも大事かなと思います。

お子さんに色々な体験をさせてあげるのも親の務めかと思うので、面倒くさがらず、一度はちゃんとしたスタイルでお祝いしてもいいと思いますよ!

また、訪れる神社ですが、特に決まりは無いので、余裕のある方は、大き目の神社に参拝に来ても勿論、OKですし、小さな子供がいて大変という方は、近所の神社でも大丈夫です。

ただ、お祓い・祈祷などをされたい場合は、予約が必要なのか?などは、事前に調べたほうが良さそうです。

因みに、神社への謝礼金ですが、その神社によって規定料金を設定している場合もあるので、予約の問い合わせの際に、確認しておきましょう。

大体、相場は、3千円~1万円だそうです。

祝儀袋の様式は、蝶結び。水引は紅白です。

表書きは「御初穂料」または「御玉串料」などが一般的です。

名前は、お子様の名前と年齢を記入しておきましょう。

スポンサーリンク

数え年でやるのか?満年齢でやるのか?

以前は、生まれた年を1歳としてカウントする「数え年」で行われていましたが、現在では、『満年齢』で行われることが多いです。

特にこだわりはありませんので、お子さんの状況を見て判断しても良いかと思います。

また、ご兄弟がいる場合は、3歳と5歳など、一緒にお祝いしても大丈夫です。

千歳飴ってなに?

七五三と言ったら、千歳飴ですよね。

これにもちゃんと意味があったんですよ。

江戸時代、子供の健やかな成長と長寿の願いを込めて、「長く伸びる」という縁起にあやかり、おめでたい紅白の長い棒飴が作られたのが始まりだそうです。

千歳飴の袋には、「寿」や「松竹梅」、「鶴と亀」など、縁起の良い柄が描かれているものが多いですね。

この千歳飴を、『お福分け』と言って、歳の数だけ袋に入れて、親戚やご近所の方に配るという習慣もあるんです。

当日の子供のケア。気を付けたいのは?

せっかくのお子さんの晴れ舞台!

写真撮影や神社への参拝など、混雑している場合、小さなお子さんには負担ですよね。

特に慣れていない衣装を着ていると、動きにくいし、子供も飽きてきます。特に3歳・5歳のお祝いの際は、注意してあげてください。

トイレ問題!

必ず着付けをする前に一度済ませておきましょう!

着物を着ている状態だと、トイレに行かせにくいですし、着崩れしてしまいます。あまり頻繁にトイレに行かないように、水分もあげすぎない様にしましょう。

但し、トイレに行きたい場合は、いつもより脱がせるのに時間がかかるため、早め教えてもらうように伝えておくといいです。お漏らししたら大変ですからね…(笑)

参拝までの待ち時間!

混雑している場合、予約していても祈祷の時間までに時間があったり、お子さんが飽きてしまう場合があります。

そんなときのために、手軽に食べられるお菓子など用意しておくのもいいと思います!ぐずぐず言われると、ママもイライラしちゃいますからね(笑)

なるべく手が汚れないようなお菓子がいいですね。

靴はいつも履いている靴も持っていく!

着物を着て、草履を履くのが一般的ですが、特に3歳や5歳ともなると、慣れない草履で歩き回って、転倒してしまう子もいますよね。

そうならないためにも、撮影時のみ草履を履かせ、あとは普段のスニーカーを履かせる方も多いです。

お子さんの状況を見て、念のため、予備の靴を持ち歩きましょう。

飲み物はストローで!

せっかくの衣装が汚れてしまわないよう、できれば飲み物はストローで飲ませてあげたほうがいいです!

まとめ

七五三って、かなり昔からある行事だったんですね。

近年では、写真撮影ばっかりが独り歩きして、本来の七五三の意味を知らない方も増えている気がします。

せっかくのお祝い事ですから、出来ることならきちんと子供の成長に感謝し、家族でお祝いしたいですね。写真だけでなく、心に残る一日にしてあげるとイイと思いますよ!

スポンサーリンク