七五三のお祝いのお返しは現金?両親や親戚の内祝いを悩む必要なし!

七五三のお祝いのお返し

七五三という一大イベントが終わってひと段落したけど、『そういえばお祝いを頂いた方へのお返しはどうしたらいいの?』と悩んでいらっしゃる方いませんか?

基本的に七五三のお祝いは身内だけのお祝いですので、お返しは不要と言われています。

しかし、お祝いを頂いたからには常識的に無視するわけにいかないと思う方のが多いのではないでしょうか。

そこで、実際何をお返しにしたらいいの?ということで、マナーや内祝いの選び方を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

七五三のお祝いのお返しをするなら?

お返しの金額というのは、頂いたものの半額程度から三分の一程度の品でお返しするのが目安とされています。

両親からはいただく金額も多いでしょうし、色々とお世話になってる日頃の感謝を込めて、七五三の内祝いを兼ねた何か品物をお返ししてみるのはいかがでしょうか。

なかなか両親へ感謝を伝えられる機会もないですから、きっとご両親も喜ばれるはずです。お食事会などを開いて、その食事代を持ってお返しとしたり、現金に七五三の記念写真を添えてお返しするのもおすすめです。

ただあまりに高額な着物代や現金をもらってしまった場合、その分きっちり半額や三分の一程度の額をお返ししても、逆に恐縮されてしまうかと思うので、そこは各ご家庭の常識範囲内で判断するのが良いと思います。

孫が元気に成長した姿を見れただけでいいとおっしゃってくれるご両親(祖父母)が多いのではないでしょうか。

お祝いを頂いた親戚には、七五三のスナップ写真などを添えて送るのが良いでしょう。可愛い孫や甥っ子、姪っ子の写真は何より嬉しいものに違いありませんね。この時、子供達からの絵や手紙を一言添えるのも喜ばれることでしょう。

七五三のお祝いを親戚にお返しするなら?

また、親しい友人やご近所の方からもお祝いをもらうことがあるかと思いますが、その際にも何を贈るか悩むところ。

千歳飴、赤飯、菓子折りなどが一般的なようです。ただ、縁起物のお返しなので、壊れるもの、例えば陶器やガラス製品、縁が切れるという意味でナイフやハサミはNGとされ避けた方が良いです。

また気を使いすぎて頂いたものより高価なものを贈るのも逆に失礼に当たりよくありません。
そこだけは注意して選べば、相手の嗜好にあったもので問題なさそうです。

便利な内祝いサイトとお返し時期の目安

今は内祝いサイトみたいなものも豊富にありますから、そこを参考に選んでみると良さそうですね。

通販サイトで有名な楽天でも「内祝い 〇〇」などで探すと色々と出てくるので参考にしやすいかと思います。

内祝いを送るにあたり、基本のマナーとして蝶結びの水引を利用して、のしは『内祝』または『七五三内祝』とし、子供の名前を書いて贈りましょう。苗字はいりません。

お祝いをもらってできれば1ヶ月以内を目安にお返しをするのがベストだと思います。

まとめ

いかがでしたか?

私も子供の七五三の時は両親に参拝の後、一緒に食事をしてその食事代を持ってお礼としました。両親は可愛い孫の七五三の姿を見れただけでも大満足だったようですが、食事をしたことでお互いいい気分で終われたと思っています。

七五三の思い出がより良いものになるためにも、身内とはいえ気持ちの良いやりとりをしたいもの。相手の気持ちを考えて形式ばらずに、感謝の気持ちを伝えてみてはいかがでしょう。

スポンサーリンク