七五三のお祝い相場!孫や姪や甥が可愛いくても渡し過ぎはダメ!

七五三のお祝い

最近の七五三は着物代などや、スタジオや写真館での撮影、そしてその後の食事を含めて数万円程度の費用が、かかってしまうのが当たり前のような風習になりつつああるので、七五三をする側にとってはお祝い金は非常に助かります。

ですが、お祝いをあげる側となると少し考えてしまうのが、お祝い金の金額ですよね。可愛い孫が七五三を迎える、可愛い甥っ子、姪っ子が七五三を迎えるとなると、お祝いはしてあげたい。

あげる金額が、少なすぎても気まずいですし、多く渡しすぎても返って恐縮させてしまいかねない。そこで今回は、七五三のお祝いはいくら渡せばいいのかをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

七五三のお祝いの相場はいくら?

というわけで、立場別の世間の相場を見てください。

祖父母 ¥10,000〜数万円
甥・姪 ¥5,000〜¥10,000
親族      ¥5,000〜¥10,000

なのだそうです。

お住いの地域の風習の違いもあるかとは思いますが、七五三は本来身内でお祝いするものなので、このくらいの相場なんだそうです。

一般的な相場内でも、いくらにしようかと決めかねる場合は、 自分の親や兄弟に姪っ子、甥っ子にいくら渡すのかなど直接聞くと金額が決めやすいので、家族でしっかりコミュニケーションをとって金額を合わせるのも大切かと思います。

また直接金額を渡すという他に、祖父母なら写真撮影代や参拝後の家族の食事会の金額、また経済力のある祖父母の方は着物の購入代まで出すというパターンもあるようです。

というわけで、祖父母は¥10,000〜数万円という大きな幅の開きが見られます。

あまりないパターンかと思いますが、近所の方や親しい友人の子供への七五三のお祝いを渡すという場合は、相手の方へ返って負担を与えてしまうこともあるので、高額なものは避けるのが無難です。

¥3,000〜¥5,000円ほどの金額か子供の喜びそうな物(お菓子やおもちゃなど)をプレゼントで渡すのが一般的なようです。

その時は渡すお子さんの趣味や好みに合ったもをリサーチして渡すと喜ばれます。そしてその子の成長に合ったものを送るのが良いでしょう。

また郵送する場合は、11月15日よりも前に届くよう一言手紙を添えて送るのが良いです。

双子や同時に兄弟で七五三をされる方には、まとめてではなく、一人一人のお祝いですからご祝儀袋は個別に名前を書いて渡すのが一般的なようです。

また渡す時期ですが、10月中旬から11月15日までに渡すようにしましょう。しかし最近では写真撮影だけ早割などで夏くらいから撮ってしまうご家庭もありますので、お祝いを渡される方はいつ渡すのが良いか確認すると良いでしょう。

実は我が家の場合、7歳の長女と5歳の長男がちょうど来年同時に七五三をしますし、甥っ子もなんと双子なので七五三は両親にとっても親戚にとっても大きなイベントになります。

同時に出費も・・・
お金でいただくのは何かと費用がかさむので非常にありがたいですが、両親には写真撮影代か参拝後の食事代を出してもらえると高額な現金を渡されるよりかは気分的にもありがたいかなぁ〜なんて個人的には思います。(意外と食事代のほうが、かかったりして・・・)

お祝いを贈る側、贈られる側どちらにしても思い出に残る七五三になるといいですね。

スポンサーリンク