七五三で男の子3歳を祝う着物は?レンタルも合わせてご紹介!

七五三 3歳 男の子 着物レンタル

七五三というと、3歳と7歳が女の子。5歳が男の子。

というイメージがありますよね? 実際、私もそのように覚えていました。

ところが、調べてみると地域によってかなりのばらつきがあることが分かりました!

詳しくご紹介すると女の子は大体、3歳と7歳に行うところが多いですが、男の子の場合は地域差がありました。

例えば、関西地方では3歳、5歳と両方男の子もお祝いするのだそう。

また、福岡県の一部の地域では、4~5歳または7歳でふんどしなど成人が身に着けるものを初めて着る「ひもとき」と呼ばれる儀式を行うところもあるそうです。

ただ、もともとの七五三の由来が、「子供の成長の節目をお祝いすること」ですから、現在ではそこまで厳格なルールがあるわけではなさそうです。

そのご家庭それぞれに任せているといった感じでしょうか。

スポンサーリンク

男の子が3歳で七五三をやるなら!?

お祝い事ですからね、是非、3歳でも男の子のお祝いをしたいという方は、やってくださいね!

でも、やんちゃ盛りの男の子の3歳。

袴を履かせるのは大変じゃないの?など思っている方も多いですよね。

でも、意外と着せてみると本人も満足気な顔をしたり、その初々しさがなんとも可愛かったりするんですよね!

写真館でも、3歳用の袴のレンタル衣装を用意しているところが多いので、やってみようという方は、前もって問い合わせしてみると良いと思います。

また、女の子に比べてぐずったり、動き回って着崩れ易い年齢でもあるので、そんな時は無理せずに子供用スーツで対応してもOK。 あくまでお祝いすることに意義があるので、和装にこだわることはないかと思います。

お子さんの性格を考えて、決めてくださいね。

七五三で3歳と5歳の衣装の違い

3歳の男の子の衣装は、袴と被布どちらでもOK。特に決まりは無いそうです。

因みに「被布」とは、着物の上に羽織る上着の一種で、袖の無いベストのようなものです。

3歳だと羽織袴と着物被布の組み合わせ、どちらでもいいのですが、5歳になると羽織袴を着せるのが一般的。

なので、ある意味、被布を着られるのは3歳ならではということにもなりますね。

正直、動き回る3歳児に袴を着せるのは大変だと聞きますから、3歳でやるなら着物に被布を着せる方が楽だし、なんとも言えない可愛さが3歳ならでは!

着付けが簡単という利点もありますから、着せている最中からぐずってしまいそうな3歳児には被布がオススメということですね! もし、3歳の時に被布を着せるようであれば、レンタルが良いと思います。

5歳の時には使いまわしが出来ませんから、勿体ないですもんね!

また、落ち着きのない3歳児は長時間着てくれませんから、お参りに行ってサクッと写真撮影したらお着替えというパターンが多いです。

そうなると、より購入は不経済と思われますので、やっぱりレンタルがおススメ。

雪駄などすべてセットでレンタルしてくれますので、何をそろえたらいいのかわからないという新米ママも大丈夫ですよ!

おススメレンタルをご紹介!

①キレイなブルーが華やか!

こちらは、着物・被布コート・半襦袢・草履・足袋・腰ひも2本がセットになっていて、8.800円!!兄弟一緒にレンタルすると、割引もあるようですよ。

②格子模様がカッコイイ!

こちらは、着物、被布コート、長襦袢、草履、足袋、腰ひも2本がセットになっていて、7.800円!

汚してしまったときの保険も1.000円で加入できるようです。

このように大体、レンタルだと1万円未満で借りることができるようですね。

思い出に残したい方は、購入も検討されると思いますが、その場合は、大体セットで3万~4万円くらいが相場のようです。

気に入った1着が見つかるといいですね! 最後に、着付けの仕方をご紹介。新米ママさん、是非参考になさってくださいね。

スポンサーリンク