タッチタイピング(ブラインドタッチ)上達する練習方法のコツまとめ!

タッチタイピングの練習

「カタカタカタッ・・・」軽快にキーボード入力をしている人っていいなぁ・・・と思ったことはありませんか。

普段のお仕事で、また学校でパソコンを触っていて、たどたどしく入力している音と、ブラインドタッチをしている音って違いますよね。

あんな風に軽快に打ってみたい!そう思えたら、練習あるのみです。

でも、どうやって練習をしたらいいのだろう??疑問に思うことでしょう。そこで、ブラインドタッチを身に付けるための練習方法をご紹介します。

ちなみにタイピングの練習はノートパソコンではなく、キーボードが別にあるデスクトップ型パソコンが向いていますよ。

スポンサーリンク

タッチタイピング (ブラインドタッチ)の指のポジションを知ろう!

今、みなさんはどのような指の動きでキーボードを触っていますか。ご存知の方もいらっしゃるかとは思いますが、まずは指の正しいポジションから覚えていきましょう。

【基本の形】

短距離走の時にスタートラインに立つように、タイピングの時の最初の位置も決まっています。

キーボードに2か所突起物が付いているところがあるのにお気づきでしょうか。

FとJのところに突起が付いています。ここに人差し指を置いた状態がタイピングのスタート位置です。これをホームポジションと呼びます。

左手人差し指がF、その隣Dに中指、Sに薬指Aに小指を置きます。

右手人差し指がJ、その隣Kに中指、Lに薬指、記号の「;」に小指を置きます。

【それぞれの指の役割】

ホームポジションに手を置いた時に、指を置いていない他のキーがたくさんありますが、そのキーを触る指もちゃんと決まっています。

それぞれ指を置いたキーの上下はその同じ指で打つのです。例えばFの上はR、下はVですね。これを触るのはFを置いている人差し指と言うことになります。

また人差し指は動きやすい位置にあるので、二列担当することになります。

タッチタイピング (ブラインドタッチ)の練習方法は?

ブラインドタッチができるようになるためには、ひたすら練習あるのみ!です。特に小指を動かすことに最初は慣れないと思いますが、山を越えれば必ずスムーズに動くようになりますよ。

練習の前に、キーボードで入力する時は、基本的にアルファベット入力になります。キーボードに「あいうえお」と書いてありますが、この直接入力は使うことはほぼないと思っていて大丈夫です。

それでは、アルファベット入力ということを頭に置いて、練習をしていきましょう。

タッチタイピング上達のコツは母音を押すことから始めよう

母音の「あいうえお」は、全ての言葉についてきますよね。「か」を入力する時は「K+A(あ)」となるように、母音は不可欠です。ですので、まずは母音の位置をしっかりと覚えていきます。

「あ(A)い(I)う(U)え(E)お(O)」をひたすら打ってください。打つときにホームポジションから指が動きますが、必ず入力をした後はホームポジションに戻る癖をつけましょう。

「あいうえお」の入力をスムーズにできるようになったら次へ進みます。

か行から順番に練習しよう

「あいうえお」の入力がスムーズにできるようになれば、あとは1行ずつ打つ練習をします。か行のKの位置を確認して、ひたすら「K+A」「K+I」「K+U」「K+E」「K+O」と打っていきます。

1行打てるようになったら、あ行から連続して進めていく

タイピング練習は地道なので焦りは禁物です。先へ先へ進んで打っていきたいかもしれませんが、確実に指に動きを覚えさせていかなくてはいけません。

「か」行が終わったら、すぐに「さ」行に進まずに、「あ」行、「か」行を連続してスムーズに打つことができるようになって、「さ」行の練習を始めましょう。

このような流れで、最後の「ん」まで頑張ってたどり着いてください。

タッチタイピングにおすすめのキーボード

文字を打つ時に必要なキーボードの種類って気にしたことありますか。実は、このキーボードって大事なんです。

ノートパソコンのキーボードは凹凸があまりなく、打ちにくいです。これは慣れや好みもあるのですが、やはり初心者にはつらいところがあると思います。

そこで、打ちやすいキーボードをご紹介します。

【ロジクールK270】

キーピッチ(キーの間隔)もミスタッチしにくい作りになっています。奥の方から手前に欠けて盛り上がるようなデザインになっていて、打ち間違いを減らしてくれます。

【エレコムTK-FDM063TBK】

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

エレコム TK-FDM063TBKキーボード ブラック
価格:2138円(税込、送料別) (2016/11/28時点)

打っている!そんな風にパチパチと音を軽快に立てて打てるキーボードです。音がリズムになるので、この感覚が好きな人には向いています。

【東プレREALFORCE】

打ちやすさ・疲れにくさに定評のあるキーボードです。常にタイピング作業のある作家やライターさんに好評を得ています。

キーボードはそれぞれの指の大きさや打つ感触の好みがありますので、一概にこれだ!ということは言えませんが、3つオススメを挙げてみました。

量販店やPCショップに出かけた時に、キーボードを叩いてみてください。それぞれのキーボードで全くタッチが変わってきます。

このタッチの違いがタイピング作業の効率をも左右することになるので、自分に合ったキーボードに出会えると強みですね。

タッチタイピングのおすすめ練習アプリ

指の動きが染みついてきたら、身近にある何かの記事や言葉、なんでもいいので、それを見ながら打つ練習をしてみてください。それからアプリを使って行く方が焦らなくてオススメです。

アプリはタイムがあったりと、ちょっと焦る要素があるので、アプリは入力にある程度慣れてからがいいかもしれませんね。

では、ある程度入力に慣れてきたら試してみたいおすすめアプリをご紹介します。

【寿司打】

レーンを流れてくるお寿司の名前をタイピングして食べて行くというゲームです。

表示されている入力方法以外の方法でも入力できるのが嬉しいポイントです。(「ちゃ」を「TYA」「CHA」のどちらでも認識してくれます。)
http://typing.sakura.ne.jp/sushida/

【Ozawa-Ken】

ストリートファイトのようなタイピングゲームです。入力ができたら攻撃をするというゲーム感覚満載のアプリです。

もちろん攻撃も受けますので、勝ちたい一心でタイピングに打ち込める楽しいゲームです。
http://www.higopage.com/ozawa-ken/

タッチタイピングの練習しすぎに腱鞘炎の注意

パソコン作業での腱鞘炎って聞いたことありますか。マウスのクリックやタイピングでも手に負担がかかり腱鞘炎になることがあるのです。

特に初心者のうちは、変に力が入ってしまったりして余計に負担をかけてしまいがちになります。

この腱鞘炎、一度なるとくせになりやすく、治るまでに時間がかかってしまいます。腱鞘炎にならないために、日ごろから気を付けておく必要があります。

姿勢を正しく

腱鞘炎を防ぐためにも、正しい姿勢でタイピング作業をすることが大切になってきます。

パソコン作業をしていたら、だんだんと背中が曲がって前のめりになってきませんか。猫背は手首への負担がかかります。きちんと背筋を伸ばした状態でパソコン作業をしましょう。

休憩を適度に取り、マッサージをしよう

忙しくても、適度な休憩は必要です。人差し指の骨の付け根近くに「合谷」というツボがあります。これは目の疲れにも効果のあるツボなのですが、ここを軽く揉みほぐして、腕全体をぶらぶらとさせてこわばりを取りましょう。

まとめ

いかがでしたか。ブラインドタッチの練習って本当に本当に地道だと思ったことでしょう。

キーの位置を目で見て頭で覚えるというよりは、指が覚えるのがブラインドタッチへの道です。その指が覚えるまで、ひたすら同じ文字を打っていくこの期間が地獄です。

私自身も、今こうやってブラインドタッチができていますが、ここに至るまでは腱鞘炎になるんじゃなかろうかというくらい打ち込みました。(と言うのも部活でやっていたので)

スピードよりも正しい指でキーを打つという、ここのポイントさえしっかりとマスターできれば、ブラインドタッチもちゃんとできるようになります。

気付けばニュースを見ながら、指が打っているなんてことにも。笑

手を傷めない程度に、楽しく練習をしてみてくださいね。

スポンサーリンク