タオルが臭い原因は寿命?洗い方をひと工夫!臭いの取り方

きちんと洗ったはずなのに、タオルが臭い時ってありませんか?しかも、何度洗っても全然臭いが取れない!お気に入りのタオルなら、尚更ショックですよね。

でも大丈夫。何度洗っても落ちないあの臭いも、取る方法があるんです!諦めて捨ててしまう前に、一度試してみてください。

スポンサーリンク

タオルを洗っても臭いのはもう寿命なの?

あの嫌な臭いは、タオルが劣化してきたせいだと思っていませんか?

いえいえ、違うんです。タオルの嫌な臭いの原因は、タオルに残った皮脂汚れや汗が細菌によって分解されて発生するんです。

タオルの劣化が原因ではないんです

雑菌が繁殖するのは、湿った状態が長く続くことが原因。部屋干しをして、生乾きのままにしていたり、使用済みのタオルをそのまま何日も放置したりしていませんか?

繊維の奥に染み込んだ菌は、一旦乾くと臭わなくなるのですが、また水分が加わると、におい成分が揮発して、また臭くなってしまうんです。

タオルのにおいの取り方は?

一度雑菌がついてしまったタオルは、きちんと殺菌しない限り、何度洗っても臭います。

普通に洗っただけでは取れないので、以下の2の方法を試してみてくださいね。

漂白剤でつけおき洗い

40度位のお湯に、臭いのついたタオルを入れ、酸素系漂白剤を入れます。だいたい1時間くらいを目安に浸けておき、その後、通常通り洗濯をします。きちんと乾燥させればオッケーです。

軽度の雑菌臭であれば、この方法で落ちるはずです。酸素系漂白剤を使用することがポイント。塩素系漂白剤だと色落ちする恐れがありますので、気をつけてくださいね。

煮沸消毒をする

漂白剤だけでは取れなかった場合は、煮沸消毒をしましょう。大きめの鍋にお湯をたっぷり沸かします。

お湯が沸いたらその中に、タオルを入れてしばらく浸けておくだけです。

雑菌は、熱に弱いので、煮沸消毒をすることでタオルに付着した雑菌が死滅します。煮沸消毒後は、洗濯機で普通に洗い、完全に乾かせばオッケーです。

タオルが入る大き目の鍋がない人は、お風呂場などにタオルを敷いて、沸騰したお湯をかけてもいいですよ。

タオルの臭いを予防するには?

濡れたまま長時間放置しない

タオルの半乾きが一番雑菌を繁殖させてしまいます。まずは、使用したタオルはハンガーに掛けておく、使ったらなるべく早めに洗濯するなどを心がけましょう。

洗濯機に詰め込み過ぎない

詰め込みすぎると、洗浄力が落ちるだけでなく、洗剤カスが残りやすくなります。洗濯機だって腹八分目!詰め込み過ぎは良くありません。

洗剤は決められた量を使う

洗剤や柔軟剤は、入れすぎるとすすぎ残しの原因になることも。すすぎ残しがあると、洗剤カスが衣類やタオルに付着し、時間が経って汚れとなり、雑菌臭の原因となってしまうんです。

たくさん入れると、かえって洗浄力がおとってしまうので、気をつけてくださいね。

洗い終わったらすぐ干す

洗濯槽の中に、洗い終わった洗濯物をいつまでも放置していると、雑菌が繁殖してしまいます。洗い終わったら、直ぐに干す様にしてください。

また、長時間放置すると、洗濯槽内部にも雑菌が繁殖してしまい、臭いの原因になってしまうんです。

洗濯槽も月に一度は、専用の洗浄剤で洗うようにしましょう。

お風呂の残り湯はすすぎに使わない

節水のため、お風呂の残り湯を洗濯に使用している方もいらっしゃいますよね?洗う時は、温かいお湯で洗うと、洗浄力も増しますが、すすぎの時も残り湯を使ってしまうと、雑菌を自らつけに行くようなもの。

お風呂の残り湯は、雑菌だらけですからね。すすぎは、必ず水道水で行なってください。

まとめ

いかがでしたか?意外と簡単に雑菌は熱に弱いので、アイロンをかけても良いそうです。また、洗ったら、しっかりと風通しの良い場所で乾かすようにしましょうね。

部屋干しをする場合は、扇風機などを使ってなるべく短時間で乾かすようにするといいですよ。これで、あの嫌な臭いともサヨナラ!柔軟剤のいい香りに癒されましょう。

スポンサーリンク